FOLLOW US

UPDATE|2020/10/24

“もう泣かない…”HKT48・松岡はなが新劇場オープン直前に決意表明「福岡の“顔”になりたい」

HKT48 松岡はな

今年9周年を迎えるHKT48。秋には新劇場のオープンも控え、HKT48はどう動き出しているのか…ドキュメンタリー形式で綴る短期集中連載がスタート。長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」に迫る。第8回目は、シングル曲『最高かよ』などでセンターを務めるHKT48の顔、松岡はなが登場。今年は20歳になった節目の年、新たなる“覚悟”を語る。(毎週土曜日午前7時公開)

※第7回<そして未来へ…HKT48の次世代エース石橋颯&上島楓が盟友・工藤陽香の卒業を語る>はこちらから。

     *     *     *

ついに『西日本シティ銀行 HKT48劇場』のオープン日が11月2日(月)と正式に発表された。

劇場オープンまでのカウントダウン的な意味合いも含めてスタートしたこの連載も、そのオープン日に合わせて10月31日更新分まで延長させていただくこととなった。

ここまで1期生から5期研究生まで、すべての期のメンバーから話を聴いてきたが、実はまだ取材しなくてはいけない「期」がある。

それはドラフト2期生、ドラフト3期生だ。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事