FOLLOW US

UPDATE|2020/10/31

HKT48の“16歳”エース渡部愛加里がコロナ禍で見せた“大人顔負け”の冷静さ&ポジティブ精神

HKT48 渡部愛加里

今年9周年を迎えるHKT48。秋には新劇場のオープンも控え、HKT48はどう動き出しているのか…ドキュメンタリー形式で綴る短期集中連載がスタート。長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」に迫る。第9回目は、次世代エース、ドラフト3期生の渡部愛加里が登場。自粛期間中、ポジティブで有り続けたという彼女、その真意とは…。(毎週土曜日午前7時公開)

※第8回<“もう泣かない…”HKT48・松岡はなが新劇場オープン直前に決意表明「福岡の“顔”になりたい」>はこちらから。

     *     *     *

この記事がアップされる2日後、11月2日にいよいよ『西日本シティ銀行 HKT48劇場』がオープンする。

初日に関しては「九州エリア在住の方」限定で、客席も1席ずつ空けての観覧となるので、キャパシティーの半分以下の128席でのスタートとなるが、コロナ禍で迎えるオープン日としては、これぐらい慎重になるのは当然のこと。これから劇場はずっとそこにあり続けるのだから焦ることはない。

実はそういう考え方ができるようになったのは、今回、ドラフト3期生の渡部愛加里の取材をしたことが大きい。

「せっかく選抜に入ることができて、しかも、すごくいい曲だったのに、出るはずだった番組やイベントのスケジュールがすべてなくなってしまって……自粛期間に入るまでは毎日のように公演をやっていたし、私がHKT48に入ってから、こんなに長くあいだが空くことがなかったので、最初はやっぱり胸が苦しくなりました」

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事