FOLLOW US

UPDATE|2020/11/04

【独占ルポ】HKT48新劇場初日、松岡菜摘が涙でひと言 「アイドルやっててよかった」(後編)

HKT48 オープン記念公演 (C)Mercury

HKT48の新劇場「西日本シティ銀行 HKT48劇場」が、11月2日に福岡県のホークスタウンモール内にオープンした。本サイトでは、劇場オープンに向けて、長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」をドキュメンタリー形式で連載してきた。ついにオープンの日を迎えた今、歴史の一歩である“こけら落とし公演”を独占ルポする。(前後編の後編)

※前編はこちら

【写真】HKT48新劇場オープン記念公演の様子【12点】

HKT48新劇場こけら落とし公演のセットリストは、過去のシングル曲をリリース順に歌っていくというもの。

過去の楽曲をズラリと並べると、じつに壮観ではあるのだが、どうしても当時と比べてしまう。48グループのコンサートでよくあるのが「当時の選抜メンバー、1人もいないじゃないか」問題。楽曲を受け継いでいくのはいいことだけれども、まったく違うメンバーでのパフォーマンスが何曲も続くと「うーん……」となってしまう。

その点、HKT48は当時のセンター、もしくはフロントメンバーがまだバリバリ活躍しているので、ちゃんとあのころの思い出とリンクしてくれる。しかも、衣装は当時のものをそのまま使用(『しぇからしか!』の衣装は背中にメンバーの名前が大きく刺繍されているので、新劇場のステージに「遥」や「美桜」の文字が躍った……ヤバすぎる!)。そして全曲、フルコーラスでの歌唱。これは贅沢すぎる。

もっといえば、当時はまだHKT48のメンバーではなかった若い世代の躍動がとても印象的だった。これはもう私感になってしまうが、5期研究生の上島楓、水上凜巳花、竹本くるみあたりの存在感は素晴らしかった。そういうことが目視でわかるのも、客席とステージの距離が近い劇場ならでは。彼女たちの成長を見守るだけでも、劇場に足を運ぶ価値は十二分にあると思う。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事