FOLLOW US

UPDATE|2020/11/18

NMB48吉田朱里、卒業直前のラストメッセージ「山あり谷ありのアイドル人生でした(笑)」

NMB48 吉田朱里

吉田朱里のNMB48卒業シングル『恋なんかNo thank you!』が本日18日(水)発売となる。1期生としてNMB48を支え続け、YouTuberやコスメのプロデューサーとしてアイドルを超えた活動の場を開拓した吉田朱里。シングルのリリースを記念して、アイドル人生に終止符を打つ彼女に、愛するNMB48への10年分の思いをたっぷり語ってもらった『月刊エンタメ』でのインタビューを公開する。(前後編の前編)

【関連写真】「脚長っ!」吉田朱里、細身美脚高身長にだけ許された“限定”衣装のオフショット

──「NMB48の吉田朱里」としては今回が最後の登場となるでしょうか。本誌では過去にファッション連載もやっていただきました。

吉田 本当にお世話になりました。あの頃は他にファッションのお仕事もなかった時期だったし、(白間)美瑠と一緒にとても楽しくやらせていただきました!

──そんな吉田さんが10年のアイドル人生に終止符を打ちます。卒業に至るまで紆余曲折があったとか?

吉田 そうですね。卒業自体は2年くらいずっと考えていたんですけど、さや姉(山本彩)が卒業した頃に「まだ自分にはやるべきことがあるんじゃないか」と思ったんですよね。そして今年の春に「アカリンFes.」の開催が決まって、「よし、これでアイドルとしての集大成を見せられる!」と。フェスで卒業発表して、大阪で卒コンをして……と思い描いていたら、コロナ禍で計画が崩れてしまったんです。

──卒業発表は8/16の配信番組『アカリンの部屋』で行いました。

吉田 アイドルを卒業する上で、やっぱり卒コンはやりたかったんです。でも卒業後にやりたいことも固まっているし、「卒業を延期したら未来のチャンスを失うかもしれない。だったら卒コンを諦めてでも今卒業した方がいい」と思って決断しました。ただ、その後卒コンを有観客で開催できることになって、そこは良かったかなと思います。
CREDIT

取材・文/左藤 豊 撮影/南 伸一郎


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事