FOLLOW US

UPDATE|2020/11/17

現役続行、関根梓の意地と意思「私にはアプガ(仮)という道しかない」

左から関根梓と高萩千夏 撮影/土屋恵介

アップアップガールズ(仮)の古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳がグループの卒業を発表したのは先月23日のことだった。2011年の結成から、いやそれ以前のハロー!プロジェクトエッグ時代を含めるとおよそ15年以上にわたって同じ道を歩いてきたメンバーたちはここで別の道へ進むこととなる。

【関連写真】雨の上がった日比谷でアプガ(仮)見せた“らしさ”、熱いライブの模様

中でもたった1人グループに残り、アプガ(仮)を続ける決断をしたのが関根梓だ。アプガ(仮)メンバーがそれぞれ後輩グループ、アプガ(2)メンバーと対談する“闘魂伝承企画”2回目は、関根梓とアプガ(2)のリーダー高萩千夏の対談をお送りする。

     *     *     *

──アプガ魂闘魂伝承企画で、今回は新体制アプガ(仮)を引っ張っていく関根さんと、アプガ(2)のリーダーの高萩さんの登場です。まず関根さんに、最初の頃のアプガ(2)の印象からお伺いできれば。

関根 最初は心配でしたね(笑)。何事にも一生懸命な子たちなんですけど、たまに力が入りすぎちゃって惜しいなってところがたくさんあったんです。グループの方向性も定まらない時期が長かったですし。

高萩 分かります。やっぱり、最初はアプガ(仮)さんと違う色を作るのにすごく苦労しましたね。

関根 ちなったん(高萩)に関しては、器用じゃないけどすごく一生懸命にやっているなという印象でした。自分ができると思ったことを誰よりも努力していましたし。

高萩 ありがとうございます!

──反対に高萩さんから見たアプガ(仮)の印象は?

高萩 アプガ(仮)さんは、オーディションでお会いしたときから貫禄がすごかったですね(笑)。

──最初は怖かったですか。

高萩 あー、関根さんが怖かったです(笑)。

関根 え、ウソー(笑)。

高萩 でも、それは、関根さんが一番厳しい言葉をかけてくださったからなんです。

関根 レッスンとかでね。

高萩 私たちのことを思って、あえて厳しく言ってくれていたんです。関根さんに言われた「それでお金いただいて見せるつもりなの?」っていう一言が一番印象に残っていますね。もう、ハッとしました。

──厳しいですが、プロとしては正しい言葉ですね。

関根 それは、ハロプロエッグの教えなんですよ(※アプガ(仮)メンバーはハロー!プロジェクトエッグ出身)。私としては、早い段階からステージを大切にしてもらいたい、趣味の延長線上じゃないよってことを伝えたかったんです。だから、最初はどれだけ怖く思われてもいいから口をすっぱくして言っていました。

高萩 すごく印象に残っている言葉なので、私も後輩を怒るときに最初に「お金をいただいているんだから」と言うようにしています。その教えは継承していきたいので。
AUTHOR

土屋 恵介


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事