FOLLOW US

UPDATE|2020/11/17

5年ぶりに芸能活動再開、絶対的エース・鞘師里保が“お帰りグラビア”で大人の魅力を放出

鞘師里保(C)光文社/週刊FLASH 写真◎西田幸樹

元モーニング娘。で、タレントの鞘師里保が、11月17日(火)発売の『FLASH』(光文社)のグラビアに登場している。

【写真】大人の魅力を放出した鞘師里保のお帰りグラビア、他『FLASH』掲載カット


2011年にモーニング娘。 の9期生として12歳でデビューした鞘師里保。その歌唱力とダンスで「絶対的エース」と呼ばれた。2015年末にモーニング娘。を卒業し、17歳でアメリカ・ニューヨークへダンス留学。ストリートジャズ、ヒップホップなどのジャンルのダンスを踊りこなした。

今年9月より芸能活動を再開。ドラマ『あのコの夢を見たんです。』(テレビ東京系)の12月4日放送回ではヒロインを演じる。

『FLASH』では、5年ぶりに芸能活動を再開した鞘師里保の、同誌初となる撮り下ろしグラビアを掲載している。記事内では空白の5年間やこれからの活動についても語っている。

鞘師は「グラビア撮影は5年ぶりです。自分自身から何かを生み出していかなければならないという気持ちが、今は日々強くなっています。いろいろな世界に触れ、何かを伝える表現方法ひとつにしても、今まで以上に深く考え、お見せできるようになれたと思いますし、自信をもっていろいろな表現をしていきたいです!」とコメントしている。

また、同号の表紙は女優の飯豊まりえが飾り、大久保桜子、野田すみれ、篠崎こころ、山岸逢花らの珠玉のグラビアも掲載されている。

【あわせて読む】「天使降臨」道重さゆみ、美脚黒タイツコーデ写真でファンを魅了

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事