FOLLOW US

UPDATE|2020/11/18

NMB48吉田朱里、卒業直前のラストメッセージ「ずっとやりたいと思っていたセンターの座」

NMB48 吉田朱里

1期生としてNMB48を支え続け、YouTuberやコスメのプロデューサーとしてアイドルを超えた活動の場を開拓した吉田朱里。アイドル人生に終止符を打つ彼女に、愛するNMB48への10年分の思いをたっぷり語ってもらった『月刊エンタメ』でのインタビューを公開する。(前後編の後編)

【関連写真】「脚長っ!」吉田朱里、細身美脚高身長にだけ許された“限定”衣装のオフショット

※前編「山あり谷ありのアイドル人生でした(笑)」はこちらから。

──さて、11/18発売のニューシングル『恋なんかNo thank you!』では吉田さんがセンターを務めます。いつも目標を公言する吉田さんですが、「NMB48のセンターになりたい!」と言っているのは聞いたことがないような……?

吉田 そうなんですよ、そこには自信が持てなくて。でも心の中ではやりたいとずっと思っていました。

──自信がなかった、というのは?

吉田 私は正統派アイドルとして上に上がったわけではなく、他の子とは違う路線で上がってきた人間なので、「私はアイドルグループのセンターとして通用するのかな? センターにはもっと王道タイプの子が立つ方がいいんじゃないか」と。反感も買いそうやし(苦笑)。だから口には出せませんでした。

──「アイドルファンには何が響くか」という戦略的視点で考えてしまったんですね。

吉田 そう。もし私のリップを買ってくれている人がみんなアイドルファンなのであれば「私がセンターやります!」って胸を張って言えますけど、購買層が違いますからね。

──とはいえずっとやりたかったセンターです。今回指名されて、率直な気持ちは?

吉田 うれしかったです。素直に「良かった」と。これでファンの人にも「思い残すことなく卒業できるね」と言ってもらえると思いました。

──楽曲についての印象は?

吉田 明るくてすごく元気をもらえる、前向きになれるような曲です! 歌詞も女子は共感できるんじゃないかな? 彼氏と別れた後は「もう元彼なんてどうでもいい!」って気持ちになるのに、優しくされたら「また好きになるやん」みたいなか弱さも歌詞の中にあって。自分がセンターだからとか関係なく、私は曲として好きですね。まず楽曲のデモを聴いた時点で「わ! すごくいい曲が来た!」って思いましたから。そしてMVには女子力おばけポーズが入っていたり卒業っぽい演出も入っていて、またCDジャケット写真は衣装やメイクなどを監修させていただきました。私の10年間がギュッと詰まったシングルになっています!
CREDIT

取材・文/左藤 豊 撮影/南 伸一郎


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事