FOLLOW US

UPDATE|2020/12/09

“アイドル17年” アプガ・森咲樹が、17歳の後輩に伝えたいこと<後半>「アイドル活動と家族」

左から新倉愛海、森咲樹 撮影/西邑泰和(GLEAM☆)

アップアップガールズ(仮)の古川小夏、森咲樹、佐保明梨、新井愛瞳がグループの卒業を発表したのは先月23日のことだった。2011年の結成から、いやそれ以前のハロー!プロジェクトエッグ時代を含めるとおよそ15年以上にわたって同じ道を歩いてきたメンバーたちはここで別の道へ進むこととなる。

中でもたった1人、アプガ(仮)だけでなく17年間親しんできた芸能界そのものから去る選択をしたのが森咲樹だ。アプガ(仮)メンバーがそれぞれ後輩グループ、アプガ(2)メンバーと対談する“闘魂伝承企画”3回目は、<前半>から引き続き、森咲樹と新倉愛海の対談をお送りする。

【関連写真】雨の上がった日比谷でアプガ(仮)見せた“らしさ”、熱いライブの模様

新倉 私がグループに入ったとき、「森さんは本当に優しい人だから。安心して頼っていいと思うよ」ってリーダーの(高萩)千夏ちゃんさんに言われたんです。だから第一印象から今に至るまで、森さんといえばとにかく優しい人というのが私の中のイメージ。さっきは「お母さんみたい」と言いましたけど、むしろジャンル的には神に近い感じですよね。本当に存在が神々しくて……。

──いずれにせよ、森さんは先輩としてビシバシ鍛えるタイプではなかったということですね。

森 厳しいことを言う役割は(所属事務所社長の)山田さんがいますから。パフォーマンスに関しても、たとえばダンスだったら(古川)小夏ちゃんがズバっと指摘する感じで。単純にスキルがありますからね。じゃあ私はというと、メンタルの部分をケアするのが先輩としてできることかなと考えたんです。基本的に褒めて育てたいタイプですし。

──なるほど。森さんが後輩から非常に慕われていることは非常によく分かりました。では、ここからは新倉さんからの相談コーナーにしたいと思います。こんな機会、最後かもしれませんよ。

新倉 本当にそうですよね。森さんが卒業されるということで、やっぱり相談したい内容も進路に関係したことになっちゃうんですけど、今後については私も考えることがあるんです。今、私は高2だから、普通だったら大学進学とか就職について考える時期じゃないですか。アイドル活動に不満があるわけではないけど、「このままでいいのかな?」って迷いもあって。

森 あぁ、すごく分かるな。私も大学4年の頃に同じことを考えた。周りが就職活動とかしていると焦るんだよね。

新倉 でも結局、森さんは17年間も走り続けたわけですよね。それは「自分は何がなんでもアイドルをやるんだ!」という強い意志があったからだと思うんです。どうしたら、そんなにブレずに生きられるんですか?

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/西邑泰和(GLEAM☆)


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事