FOLLOW US

UPDATE|2020/12/04

【アイドルたちのコロナ禍】ももクロの妹分・アメフラっシが激動の2020年を語る(前編)

アメフラっシ

ももいろクローバーZの妹グループとして知られる4人組アイドルグループ「アメフラっシ」。12月11日には、待望の1stフォトブック『With』(ワニブックス)がリリースされる。アイドル界において“ブレイク前夜”の4人が、未曾有の新型ウイルスで活動が制限されてしまった、激動の2020年を語る(前後編の前編)。

【写真】アメフラっシのフレッシュ全開カット、佐々木彩夏との2ショットも

コロナ禍ですべてのエンターテインメントが大ダメージを受けたが、その中でも「今年は勝負の年!」と意気込んでいた若いアイドルグループは非常に気の毒だった。

アイドルにとって、もっとも輝ける10代。

そこから貴重で、二度と戻ってくることのない1年間がコロナによって奪われてしまう……この事実は極めて重い。

2020年に賭けていたアイドルグループの一組にアメフラっシがいる。

愛来、鈴木萌花、市川優月、小島はなの4人によるグループ。ももいろクローバーZの妹分として知られているが、まだメジャーデビューは果たしていない。

今年の11月で結成2周年を迎えたが、前身の3B junior時代から数えると、彼女たちのアイドルとしてのキャリアはもう6年以上になる。その時代からずっと目標として掲げてきた夢であるメジャーデビューを叶えるには、もう十分すぎる時間が経過していた。

「私たちだけの夢じゃないんです。夢を叶えることができなかった3B juniorの仲間たち、そして、ずっと応援しつづけてくれたファンのみなさん……だから絶対に実現させなくてはいけないし、それが私たちにできる恩返しだと思っているので」(市川優月)

昨年の暮れに5人から4人にメンバー編成が変わり、再スタートを切るとき、メンバーは本音で話し合いをし、全員でメジャーデビューという目標に向かって一丸となった、という。そういう意味でアメフラっシは2020年に勝負を賭けていた。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事