FOLLOW US

UPDATE|2020/12/29

美形コスプレイヤー・つんこインタビュー<2> コスプレイヤーとして育ててくれた恩人

つんこ 撮影/佐賀章広

日本のトップコスプレイヤー・えなこほか、インスタグラビアの女王・似鳥沙也加などが所属する事務所としてここ一年で一気に注目度を高めているPPエンタープライズ。

そんな話題の事務所に所属するコスプレイヤーたちに私服での撮り下ろしとインタビューを実施。今回はブシロードが展開するDJ×アニメ×ゲームの新プロジェクト「D4DJ」に出演するなど、活動の幅を広げているつんこにコスプレが「趣味」から「仕事」に変わった瞬間を聞いた(3回連載の2回目)。

【写真】“美形コスプレイヤー”つんこの私服撮りおろし【17点】

──つんこさんを初めてのコスプレに誘ったのは、どういう友達だったんですか?

つんこ ニコニコ動画を通じて知り合った子たちとよく遊んでいて、そのうちの1人がコスプレをやっていたんですよ。「みんなでコミケに行ってコスプレしてみない?」って感じで誘ってくれて、「『ダンガンロンパ』の併せをしようよ」って話になったのがコスプレの始まりです。

──初コスプレの衣装はどうしたんですか?

つんこ 私のやったのは澪田唯吹ちゃんという子で、制服で角が生えたキャラクターなんですけど、制服は既製品で全く同じものは売ってなかったので自分で縫って、ウィッグも自作しました。

──いきなり本格的なコスプレをしたんですね。

つんこ けっこう頑張ったと思います(笑)。裁縫経験も一切なくて、友達に聞きながら手探りでやったんですけど、それはそれで楽しかったんですよ。

──コミケ当日はいかがでしたか?

つんこ 緊張したのと、とにかく寒かったです。冬コミなのに衣装は半袖でしたからね(笑)。でも、友達と一緒にコスプレをして、初めてにしては多くの人から写真を撮ってもらって、いい思い出です。大変でしたけど達成感がありました。そこから、友達と頻繁に併せをやるようになりました。ただ自発的にというよりは、友達のやりたいコスプレに合わせるような感じでした。けっこう調子に乗ってSNSにコスプレ写真も上げていました(笑)。承認欲求があったんでしょうね。

──他のコスプレイヤーさんのことは意識していましたか?

つんこ こういうコスプレイヤーさんが人気あるんだとかはチェックしていましたけど、全然詳しくはなかったです。当時はバイトをしながら趣味でコスプレをしている感覚でした。そのうちコスプレ関係の友達も増えて行って、自分から誘うようになりましたし、似合わなくてもいいから自分のやりたいキャラクターのコスプレをするようになりました。

──その頃にはメンタルも回復していたんですか?

つんこ めっちゃ元気になりました(笑)。将来の不安はあるんですけど、まだ自分の好きなことをしていい期間というか、猶予的な感じで趣味に打ち込んでいましたね。

CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/佐賀章広


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事