FOLLOW US

UPDATE|2021/01/08

人気コスプレイヤー私服インタビュー 宮本彩希「PPエンタープライズに入って変わったこと」

宮本彩希 撮影/佐賀章広

日本のトップコスプレイヤー・えなこほか、インスタグラビアの女王・似鳥沙也加などが所属する事務所としてここ一年で一気に注目度を高めているPPエンタープライズ。

そんな話題の事務所に所属するコスプレイヤーたちに私服での撮り下ろしとインタビューを実施。今回はフワフワとした可愛らしさと“オトナのお姉さん”の魅力が融合する“さきみー”こと宮本彩希が登場。コスプレとの出会いから、プロとして活躍する過程の物語。そしてコスプレイヤーに特化したマネジメントブランド「L’erable」(レラブル)のプロデューサーとしての側面に迫りました(前後編の前編)。

※インタビュー前編<えなこさんから学んだプロコスプレイヤーの在り方>はこちらから

【写真】光の中でスカートをヒラリ、宮本彩希の私服撮り下ろしカット【11点】

――2018年に「L’erable」(レラブル)というコスプレイヤーに特化したマネジメントブランドのプロデューサーに就任されますが、それは何がキッカケだったのですか?

宮本 その頃になると、ありがたいことに企業案件を数多くいただけるようになってきて。ただその中で、だんだん私向きではないお仕事もいただくようになったんです。例えば歌やダンスや動きを求められるお仕事。私は歌もダンスも運動もダメダメで(笑)。あと、私はボーイッシュなキャラが似合わないので、そうした依頼をいただくたびに「もっと合う子がいるのになぁ~……」と思っていて。その頃はつんこちゃんをはじめ、コスプレイヤーのお友だちがたくさんいたこともあって、みんなにお仕事を紹介できないかな?と思って、始めることになったんです。本音を言えばみんなで楽しくコスプレしたいな!という気持ちが一番でしたけどね(笑)。

――プロデュース業をやってみての気づきや、発見はありましたか?

宮本 元々お友だちというのもありますし、私怒るのが本当に苦手で、「これは言っておかないとダメだよね」という場面があっても、とにかく遠まわしに、遠回しに……になっちゃって。それでは、まあ全然伝わらない(笑)。そこからもうちょっとハッキリ言った方がいいのかなと、徐々に徐々に……という感じだったんですが、それでも難しくて。L’erableは私がやりたいことに、みんな付いてきてもらっているという気持ちだったので、そこが一番難しかったですね。

――とはいえ、喜びを見いだせる部分も多かったから続けられた部分もあると思います。

宮本 「L’erableに入れたから、こんな楽しい仕事ができたよ」と言われたり、「みんなといれたから、この仕事楽しかったよ」と言ってもらえた時は存在意義があったのかな?と思いました。こうした時に、私が思っていた「みんなで楽しく仕事がしたい」という想いが果たせて、すごく嬉しかったですね。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事