FOLLOW US

UPDATE|2021/01/09

所属事務所社長が語る、えなことの出会い「契約書を確認せずに判子を押そうとして…」

撮影/佐賀章広

昨年12月20日(土)放送のTBSの『情熱大陸』で特集され話題を呼んだ、日本一のコスプレイヤーえなこ。彼女が所属する事務所PPエンタープライズ(以下PPE)を社長として率いるのは、かつてアイドルグループ「腐男塾(現:風男塾)」のメンバーとして活躍していたよきゅーんさんだ。

PPEはコスプレ業界にプロを確立したとも言われるが、社長のよきゅーんさんは、所属するタレント達はあくまでも “家族”だという。「(PPEがやっているのは)私たちとファンによる農民一揆なんです」。笑顔でそう語るよきゅーんさんに、えなことの出会いから、コスプレイヤーへの愛情、これから目指す先を聞いた。(3回連載の1回目)

【写真】自身もアイドル、タレントとしても活躍、よきゅーんの撮り下ろしカット【10点】

     *     *     *

――PPエンタープライズ設立から約1年半。この時間はよきゅーんさんにとって怒涛の日々だったのでは?

よきゅーん そうですね、もう記憶にないぐらい目まぐるしくて、慌ただしくて。ふとした時にスケジュール帳やカメラロールをえなこと一緒に見て、「ああ、コレやったな!」と、やっと思い出せるぐらい記憶にありません。事務所とは言ってもスタッフは私しかいないので、毎日ドタバタしていますね(苦笑)。

――TV、ネットに雑誌……今やえなこさんを見ない日はないぐらいの活躍ですからね。

よきゅーん 私がコスプレを初めて約20年、曲がりなりに芸能経験者として見てきましたが、中川翔子ちゃんの登場などで10年以上前からバラエティなどで面白がっていただたりと、コスプレイヤーに商業的価値を見出してもらえるベースはあったとは思うんです。ただ、大きく商業的に使えるまでは成長できていなかったと思うんです。それがえなこの登場で、より業界全体がコスプレイヤーを面白がってくれる空気に変った気がします。えなこは今のようにメディア露出がない状態の時からコミケでとてつもない集客をしていて、いつか大きくなるとは思っていましたが、ここまでブームを呼ぶとは……正直想像もつきませんでした。

――えなこさんが出る雑誌は軒並み売り上げが上がるという話も聞いています。

よきゅーん 雑誌の売り上げ5~10%アップし、消化率も7割だったと聞いています。コロナ前に開催した雑誌の即売会イベントでは、5千冊程売れたそうです。

――すごいですね。出版不況と言われる中では考えられないほどの数字です。

よきゅーん ですよね。私もビックリしました。編集部の方に「価値がある子」なんだという意識をもってもらえたのは強いですよ。私もえなこも大好きな『週刊ヤングジャンプ』(集英社)さん、『少年チャンピオン』(秋田書店)さん……たくさんの憧れの媒体さんに呼んでいただいた時は身に余る光栄で。「このご縁を大事にしていきたいね」と、えなこと二人で話したのを強く覚えています。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事