FOLLOW US

UPDATE|2021/01/09

えなこ所属事務所社長・よきゅーんに聞くコスプレ界「大切なのは人と熱、オタク文化への理解がないと成功しない」

撮影/佐賀章広

昨年12月20日(土)放送のTBSの『情熱大陸』で特集され話題を呼んだ、日本一のコスプレイヤーえなこ。彼女が所属する事務所PPエンタープライズ(以下PPE)を社長として率いるのは、かつてアイドルグループ「腐男塾(現:風男塾)」のメンバーとして活躍していたよきゅーんさんだ。

PPEはコスプレ業界にプロを確立したとも言われるが、社長のよきゅーんさんは、所属するタレント達はあくまでも “家族”だという。「(PPEがやっているのは)私たちとファンによる農民一揆なんです」。笑顔でそう語るよきゅーんさんに、えなことの出会いから、コスプレイヤーへの愛情、これから目指す先を聞いた。(3回連載の3回目)

※インタビュー<1>所属事務所社長が語る、えなことの出会い「契約書を確認せずに判子を押そうとして…」はこちらから。
※インタビュー<2>芸能界とコスプレ界「頑張れば売れるということを教えたい」はこちらから。

【写真】自身もアイドル、タレントとしても活躍、よきゅーんの撮り下ろしカット【10点】

     *     *     *

――よきゅーんさんとしてはコスプレ全体を盛り上げていきたいという気持ちはありますか?

よきゅーん コスプレイヤーの地位向上を目指すぞ!という気持ちはモチロンあります。ただオタク業界、コスプレ業界は、それを仕事にしている人から個人と一枚岩ではないので、中には「広めないで! そっとしておいて」という人もいるんです。最終的には全体が盛り上がれればいいなとは思っていますが、今は私の事務所の子たちを守り立てていきたい、という気持ちの方が強いですね。

――とはいえ、PPEの業界で果たす役目は日に日に大きくなって来ていると思います。

よきゅーん 今ではコスプレイヤーを一タレントとして見てもらえることが増えましたね。ただ、私たちはオタクの方々に支えられてここまでこれたので、いつまでもその気持ちを忘れたくないから、みんな肩書を「コスプレイヤー」と名乗っているわけです。オタク文化に私たちは生かしてもらっているんですよ。グラドルと名乗らないの?と言われますが、そもそも私たちを芸能人と語るのはおこがましくて。

――そこまで謙遜されなくてもいいと思いますが。

よきゅーん いえいえ、私たちコスプレイヤーは漫画、アニメ、ゲーム……いろんな文化があって初めて成り立つ存在なので、その謙虚な気持ちは忘れてはいけないんです。驕った時が最後、足をすくわれますよ。それに、このままでは、ハロプロさんや、48グループさん、坂道さんのように10年以上続くものにできないと思うんです。作品があり続ける限りコスプレ文化は消えませんが、コスプレイヤーが売り上げを伸ばせる時期がどこまで続くのかはわからない。そのことをいつも頭に入れて、今は喜ぶ時間以上に次への道を作るための考える時間が必用だなと思っています。
AUTHOR

田口 俊輔


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事