FOLLOW US

UPDATE|2021/01/23

ゼロイチの新ユニット#2i2 天羽希純が語る反抗期「高校時代アイドルになりたくて家出を…」

天羽希純 撮影/佐賀章広

ゼロイチファミリアの、#ババババンビに続く2つ目のアイドルグループ、5人組の#2i2(ニーニ)。昨年12月19日にサンリオピューロランドでライブデビューを果たし、この先の活躍に大きな注目が集まっている。#2i2加入前も他のグループで活動をしていた最年長メンバーの天羽希純に、#2i2での立ち位置や私生活について話を聞いた(前後編の後編)。
※当インタビュー後、天羽希純は体調不良で一時的な活動休止を発表。

【写真】天羽希純のキラースマイル撮り下ろしショット【7点】

【前編はこちら】“脱アイドル宣言”からの再始動、ゼロイチの新グループ#2i2の天羽希純が新境地での決意を語る

――天羽さんは#2i2の中で最年長。活動する上でこのことは意識しますか?

天羽 スタッフさんには「最年長だからセクシーキャラで行くのがいいんじゃない?」って言われたりもするんですけど、私は笑顔しか芸がないのでセクシーにいこうとしてもつい笑っちゃうんですよねぇ(笑)。

――セクシーキャラでないなら、#2i2の中でご自身は何キャラ・何担当だと思いますか?

天羽 理想としては、メンバーが悩んでいたりしたときに気付いて話を聞いてあげられるような、メンタルケアのできる癒やしの存在でありたいなとは思います。

――お姉さんとして、年下メンバーの良き相談相手になれるような?

天羽 そうですね。やっぱり悩みや悲しい気持ちを抱えながら生きるのって楽しくないじゃないですか。そういうところで、私は年齢的にもアイドル歴も長いのでアドバイスをしてあげられたら、って思います。悩みを聞いてもらうだけでも、悩みに気付いてもらえるだけでも人間ってうれしいと思うんですよ。なのでそこは敏感でいたいな、と。

――やはり楽しく活動したい?


天羽 はい! 高校時代にアイドルをやっていた頃を振り返ると、自分のことしか考えられていなかったなという反省があるんです。当時は「自分が一番になりたい」「自分のファンを一番多くしたい」ってことばかり考えてガツガツしていたんですけど、今思うともっと周囲に気を遣えたんじゃないか、って……。そういう経験があるので、#2i2ではみんなを支えることも意識しながら活動できたらと思っています。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事