FOLLOW US

UPDATE|2021/01/23

井上咲楽が岸田文雄議員を直撃「総裁選に挑む際に息子がくれたアドバイス」

左から岸田文雄、井上咲楽 撮影/松山勇樹

『月刊エンタメ』に連載中の「井上咲楽の政治家対談」、今回は宏池会会長を務め、外務大臣や防衛大臣などを歴任してきた岸田文雄議員が登場。総裁選を経験して得たものと変わった感覚とは。(4回連載の1回目)
※取材は12月2日に行いました

【写真】豪華な顔ぶれにイノサクさんも感嘆、岸田事務所に飾られた歴代入閣時の写真

井上 令和2年は新型コロナウイルスの感染拡大、東京オリンピック・パラリンピックの延期、緊急事態宣言と予想外の出来事が続きました。岸田さんにとっての令和2年はどんな1年でしたか?

岸田 それこそ新年の初詣の頃は、まさかこんな1年になるとは思っていなかったよね。今年はオリンピック・パラリンピックだ! と。楽しみな気持ちで年が明けた。そしたら1月の終わりから異変を感じ始め、結果的にはコロナ一色に。想定していた年とはまったく違う1年になってしまった。それは私だけでなく、ほとんどの人がそう思っているんじゃないですか? 想定していなかった1年。そんな印象です。

井上 それは岸田さんが出馬された総裁選も含めて、ですか?

岸田 そうだね。

井上 びっくりでしたか?

岸田 総裁選挙も本来だったら令和3年にあるはずだったんですよね。それが8月28日に安倍総理の退陣表明があり、前倒しになった。年の初めには思ってもいなかったのが正直なところです。

井上 総選挙が始まる前までは「次の総理は岸田さん」と言われていました。ところが、菅さんが出馬を表明した頃には、一気に風向きが変わってしまった印象です。自民党内で何が起きていたんですか?

岸田 うーん、やっぱりそれぞれの派閥や議員心理として、「勝ち馬に乗る」「強い方に惹かれる」ということがあったんでしょう。当時の菅官房長官が「出る」と言った段階では、もう大きな流れができあがっていた気がします。それまでに水面下でいろんな動きがあった、と。そういうことでしょう。

CREDIT

取材・文/佐口賢作 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事