FOLLOW US

UPDATE|2021/01/16

セントチヒロ・チッチが振り返るBiSHの活動「みんなのことを嫌いになった時、自分の殻を破れた」

セントチヒロ・チッチ 撮影/武田敏将

BiSH、BiS、豆柴の大群など7つの女性グループを擁する音楽事務所WACK。そのWACKが年に一度開催している合宿オーディションを追った映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』が1月15日に公開された。「絶対にアイドルになりたい」その夢を叶えるため、もがき、苦しみ、肉体と精神の限界を超えた少女たちの壮絶な一週間に肉薄したドキュメンタリー……自らも自らも指導役として合宿に参加したBiSHのセントチヒロ・チッチにオーディションの裏側を聞いた。(3回連載の2回目)

【写真】セントチヒロ・チッチの撮り下ろしカットと映画場面カット【14点】

※インタビュー(1)「嫌われようが、言いたいことは全部言って帰ろうと決めていた」はこちらから。

     *     *     *

――映画『らいか ろりん すとん』で、候補生のトト・パーティン・トトさんを指導している際に、「殻を破る」というお話がありましたが、チッチさん自身どのように「殻を破れた」のでしょうか?

チッチ BiSHに入ったときは、猫100匹以上かぶっていて、人に好かれたい、頼ってほしい、人気者になりたい、そういう気持ちが強かったんです。でもBiSHの活動の中で、いろんなことがあって、どうでもよくなった時期があって、メンバー、お客さん、スタッフさんも含めて、みんなのことを嫌いになった瞬間がありました。誰しも生きていたら、学校でも職場でも、そういう瞬間ってあると思うんですよ。

――よく分かります。

チッチ そのときに、私のことが好きじゃなかったら無理して好きになってもらう必要もないし、自分の好きなように生きて、それで嫌いになられても別にいいし、みたいなことを考えたんです。やりたいことをやっている私を好きになってくれて、応援してくれる人がいるなら、その人のためにやりたいって気持ちの切り替えがあって、自分の殻を破れたんですよね。いろんなものを脱ぎ捨てた瞬間でした。そこから、あんまり物事を怖がらなくなりましたね。

――周囲との関係性も変化しましたか?

チッチ かなり変わりました。ゴマをすらなくなりましたし、私が言いたいことを言えるようになったことで、BiSHチームを始めとした大人の人たちも気持ち良かったみたいです。その切り替えがなければ今の私というものがなかったでしょうし、きっと今のBiSHもなかったと思っていて、世の中との関わり方が変わったのは良かったです。もともとのBiSの方たちも、かなりさらけ出していたと思うんです。ただ、BiSHは「もう一回BiSを始める」って言われて始まったけど、全くBiSとは別物で。活動を続けていく中で自然とメンバーそれぞれが自分をさらけ出すことでしか生きる道がなかったんです。個性がバラバラで、理解し合うことが難しい中で、無理に干渉しようとせずに受け入れていくことを全員が学んだからこそ、ステージでもありのままをさらけ出せるようになって。さらけ出した先に、BiSHを応援したいとか、好きだって言ってくれる人たちがいたんです。
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事