FOLLOW US

UPDATE|2021/01/29

『水曜日のダウンタウン』以降の豆柴の大群「放送終了後“消えた”“オワコン”と言われて…」

豆柴の大群(左からカエデフェニックス、ナオ・オブ・ナオ、アイカ・ザ・スパイ、ミユキエンジェル、ハナエモンスター)



■試行錯誤して磨いた『パフォーマンス』

 豆柴の大群というグループ名だけは知っている。だけどライブを観るとガッカリ……。そういった世間の声は、もちろんメンバーの耳にも届いていた。ましてや所属するWACKはパフォーマンスに定評のある実力グループばかり。5人は一念発起して、生まれ変わることを誓った。

ハナエ そもそも「知名度に実力が追いついていない」というのは、結成当初からずっと私たちに付きまとっていた問題なんです。

カエデ もともと私は『水ダウ』で落とされたメンバー。急遽、クロちゃんのプロデューサー解任と同時に敗者復活するということになったんです。だから加入した翌日にはレコーディングしていたし、ダンスレッスンもほとんどできない状態のまま『COUNT DOWN TV』(TBS系)に出たんですけど……これ以上ないくらい叩かれましたね。「やっぱりいらない」とか「クロちゃんが落としたのは正解だった」とか。

ナオ ちょっと前までは「カエデを落とすなんて見る目がない」ってクロちゃんが叩かれていたのに。人の意見って、すぐ変わるんですよね。

カエデ でも、たしかに最初の私はひどかったから……。自粛期間中もリモートでみんなが教えてくれたんです。あの頃はライブができなかったことが悔しかったと同時に、ライブが再開したときは自分の成長した姿を見せたいと思っていました。

アイカ 私の場合は他の4人と違ってアイドル経験が一切なかったし、そもそも学校でも歌とダンスが好きなほうじゃなかったんです。だからオーディションの時点から周りの子に圧倒されて、場違いだなと感じていました。それでも今なんとか活動できているのは、本当に4人の助けがあったからこそ。このグループじゃなかったら、私、アイドルなんてできていなかったと思います。

ミユキ パフォーマンス面は先生に言われる通りにやるというより、自主的に練習することが多いんです。大体はナオが中心になって、「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」って試行錯誤する感じで。

ハナエ ナオは教えるのが上手だし、ダンス歴も長いんですよ。たしか3歳とかから習っていたんだよね。

ミユキ 一応、私もダンス歴は長いんだけどね……。

ハナエ ごめん、前言撤回する! 「ミユキもダンスは上手」って書いておいてください(笑)。

【続けて読む】テレビに映らなかった豆柴の大群『仲間の存在』

▽豆柴の大群 Major 1st Album『まめジャー!』
CD盤:3,410円、初回生産限定盤:10,666円、DVD盤:5,500円、キッズ盤:2,000円
発売中
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事