FOLLOW US

UPDATE|2021/02/02

たこやきレインボー、ももクロ・佐々木彩夏と作り上げた配信ライブ「あーりんは『アイドル中のアイドル』」

たこやきレインボー

春名真依、彩木咲良、清井咲希、根岸可蓮、堀くるみの5人からなる大阪発アイドルグループ・たこやきレインボー。コロナ禍の影響で思うようにライブができなかった2020年のアイドルシーンを彼女たちはどのように過ごしてきたのか。3月24日に2本の無観客配信ライブを収録したBlu-ray作品『LIVE in the HOUSE ’20』をリリースするたこやきレインボーが、改めて去年のことを振り返ってくれた。
(前後編インタビューの後編)

【写真】個性的なメンバーが集まるたこやきレインボー

――2021年3月24日に、2020年に行った2つのライブを映像化したBlu-rayをリリースします。それぞれの見どころを教えていただきたいのですが、まずは「CLUB RAINBOW ’20」は、どんなコンセプトのライブですか?

 2018年に、たこやきレインボーがDJにCMJKさんを迎えて、全国7都市で行ったワンマンライブツアーがあったんです。それを2020年ヴァージョンに進化させて、限定復活させたワンマンライブです。

――それぞれおススメ曲を挙げてください。

 『にじースターダスト』です。この曲がくると「CLUB RAINBOWや!」ってテンションが上がります。私自身はクラブに行ったことがないんですけど、クラブってみんなが自由に踊っているイメージなんです。CLUB RAINBOW仕様の『にじースターダスト』も、聴いている方が自由にリズムに乗っていて、CLUB RAINBOWを象徴する曲です。

根岸 1曲目の『虹色進化論』です。2018年も1曲目だったんですけど、2年前とは変わった部分があって。2018年は歌わずに全力で踊って、ダンスを魅せるパフォーマンスを目指したんです。でも2020年は振り付けも変わってバキバキに踊りながら、歌も頑張りました。よりパワーアップしたたこ虹の姿を見せられたのかなと思います。

清井 私は『卒業ラブテイスティ』です。この曲はフワフワなアレンジで、歌い方も柔らかいんです。CLUB RAINBOWはガンガンのクラブ曲が並ぶんですけど、その中に『卒業ラブテイスティ』が入ってくると、世界観がガラッと変わって印象的でした。ただ私が歌い出しなので、ちゃんと歌声を変えられるのか心配でドキドキでした。

彩木 ライブ映像としては初収録の『Rainbow Plane』です。それまでパフォーマンスしていた振り付けと違うCLUB RAINBOW仕様で、すごくかっこいいパフォーマンスになっています。

春名 『ちゃんと走れ!!!!!!』です。モニターを前に置いてもらって、ライブ中にコメントを観ながらライブをしていたんですけど、徐々にみんなが会場にいるような感覚になって、今までこの曲をやってきた中でも一番歌詞が心に沁みました。コロナで大変な状況を乗り越えて、みんなの協力で今こうしてライブをできていることが嬉しくて……。気づいたら、めちゃめちゃ泣いてました。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事