FOLLOW US

UPDATE|2021/02/03

卒業間近のSKE48松井珠理奈がこれからを語る「1人で47都道府県、御礼ツアーをまわりたい」

松井珠理奈 撮影/武田敏将

SKE48の27枚目シングル『恋落ちフラグ』を最後に、グループを卒業する松井珠理奈。カップリングには、自身が作詞に挑戦した卒業ソロソングも収録される。歌詞に込めたファンへの思い、そして卒業後のプランについて話を聞いた。

【写真】SKE48を牽引してきた、唯一の1期生松井珠理奈

――SKE48の27枚目シングル『恋落ちフラグ』(2月3日発売)に、松井さんの卒業を記念したソロ曲『Memories 〜いつの日か会えるまで〜』が収録されますね。

松井 卒業ソロ曲の歌詞は秋元先生から挑戦してみたら?と言っていただき私が書いたんですよ! ファンの方たちが聴いたときに、懐かしいなって思ってもらえるような歌詞にしたくて。曲のタイトルは、その歌詞の中から、言葉を選んで『Memories 〜いつの日か会えるまで〜』にしました。SKE48としては卒業しますけど、私にとってはスタートだったりするので…。

――タイトル候補はいくつかあったんですか?

松井 ありましたよ!タイトルは一番大事だと思うから何度も悩みました。

――松井さんはSKE48からの卒業を発表しましたが、今後はどういった活動をメインにしていくつもりなんですか?

松井 うーん、メインを決めるのは難しいですね。私、歌って踊るのが好きなので、それは続けていきたいです。私が一番やりたいことは、まだ会ったことがないファンの方たちの前でパフォーマンスをしたいですね。

SKE48で培ってきたものって生のパフォーマンスだと思うんですよ。海外のファンの方たちに会いに行きたいなって。コロナの状況が落ち着いたら必ずやりたいと思っています。会いに行けるアイドルじゃなくて、会いに行く松井珠理奈みたいな(笑)。1人だと行きやすいとかあると思うんですよ。見たことがない景色を見てみたいって思いはあります。

AUTHOR

林 将勝


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事