FOLLOW US

UPDATE|2021/02/19

映画『あの頃。』原作者・劔樹人×監督・今泉力哉が語る「松坂桃李は三枚目のオタクにもなれる天才」

(C)2020『あの頃。』製作委員会

ハロー!プロジェクトを応援する若者たちの青春群像を描いた映画『あの頃。』が、2月19日に公開される。主演のアイドルオタクを演じるのは、結婚を発表したばかりの松坂桃李。今回は映画公開を前にして、原作本『あの頃。 男子かしまし物語』(イースト・プレス)著者の劔樹人と今泉力哉監督が特別対談を実施。知られざる舞台裏と作品に懸ける想いを語りつくしてくれた。(前後編の後編)

【写真】「松坂桃李は三枚目のオタクにもなれる天才」松坂桃李ら映画『あの頃。』の眩しい登場人物たち

──今回の映画化で世間が一番驚いたのは、松坂桃李さんが冴えないオタクを演じるということでした。私自身も劔さんを知っているだけに、ミスキャストじゃないかと最初は心配したんです。松坂さんではイケメンすぎて、劒さん特有の情けなさや頼りなさを表現できるのかなと……。

劔 ずいぶん失礼なこと言ってくれますね(苦笑)。でも、最初から主人公は松坂さんが第一候補だったんですよ。決まったときは「ホントかよ!」と驚きましたけどね。

今泉 もちろん主人公を誰にやってもらうかというのは極めて重要ですから、いろんな意見が出ました。僕が挙げた候補の中には、もっと見た目的に劔さんに近い俳優さんもいたんですけど、結果的には松坂さんで大正解だったと思う。というのも、松坂さん、気質的にはがっつりオタク寄りなんですよ。実際、ゲームとかも大好きですし。

劔 「あまりにも美化しすぎだろ」という声は発表された瞬間からすごく多かったですけど、もう僕としては堂々とすることにしました。素晴らしい役者さんにとっては、見た目の違いは簡単に乗り越えられると分かったので。

今泉 たしかに松坂さんは誰がどう見ても男前だし、本人もそれを理解しているとは思うけど、そんなことは気にも留めていないというか。見た目の美醜とかで勝負しているような人じゃないんですよね。普段から腰も低くて気さくでいい人ですし、自分だけ特別扱いされることを嫌がるような人なんです。そのへんの謙虚さは劒さんとそっくりだなと僕なんかは感じましたけどね。

AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事