FOLLOW US

UPDATE|2021/02/13

ビッグダディの娘からレスラーへ…スターダム・林下詩美が語る「女子プロレスが私を変えてくれた」

林下詩美 写真提供/スターダム 

ビッグダディの三女で、女子プロレス団体・スターダムのチャンピオン、林下詩美。昨年11月に『女子プロレス界のアイコン』こと岩谷麻優を撃破して、ワールド・オブ・スターダムのベルトを巻き、頂点に立った。3月3日(水)に日本武道館で10周年記念大会を控える今、チャンピオンとしての心境、そしてビッグダディの三女として注目されることについて、本音を語ってもらった。(前後編の後編)

【写真】リングで闘志を剥き出しにする林下詩美

3月3日(水)、女子プロレス団体・スターダムが日本武道館で10周年記念大会『ALLSTAR DREAM CINDERELLA』を開催する。現在、スターダムの最高峰である『ワールド・オブ・スターダム』の赤いベルトを保持しているのは林下詩美だ。

そういってもピンとこないかもしれないが「あのビッグダディの三女」と言えば、誰もが知っている存在だろう。地上波のゴールデンタイムでおなじみだった娘が、いまやチャンピオンとして日本武道館のリングに立とうとしているのだ。

日本武道館での防衛戦の相手は上谷沙弥に決定した。

上谷は『バイトAKB』としてアイドル活動をしてきた経歴を持つ注目株。器械体操での経験を活かし、難易度超A級の飛び技『フェニックススプラッシュ』をマスターしたことで急速に台頭。今年1月5日には新日本プロレスの東京ドーム大会にも第0試合として参戦し(林下詩美も出場)、ダイナミックな飛翔で普段、女子プロレスを見ないファン層の目を惹きつけてみせた。

じつは林下詩美と上谷沙弥は同じQueen’s Questというユニットに所属し『AphroditE』というコンビを組んで、昨年の暮れまでタッグ王座を保持してきた「盟友」でもある。そんな二人が日本武道館のリングで対峙する。

「私がパワーで魅せれば、上谷は華麗に飛ぶ。はじめてプロレスを見る人にもわかりやすい試合になるんじゃないか、と思います。私自身、プロレスってすごく野蛮で殴り合うっていうイメージしかなかったんですけど、中学生のとき、紫雷イオさん(元・スターダム、現・WWE)の試合を見て、いっぺんに女子プロレスのイメージが変わったんですよ。そして『私もあんなに輝いている存在になりたい』って、女子プロレスラーに憧れるようになった。人見知りで、それこそ家族としか話せなかったような私を、プロレスが変えてくれたんです。

だから武道館で私と上谷の試合を見て、たくさんの人に『女子プロレスって、こんなにも華やかで綺麗で、強くて美しいスポーツなんだ』と知ってもらいたいし、納得していただける試合をする自信もあります。私と上谷のキャリアを足しても5年もないんですよ。その若いふたりが10周年のリングでスターダムの未来を見せることができれば」
AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事