FOLLOW US

UPDATE|2021/03/08

#2i2 十味が語る学生時代「アニメ好きが多かった中学時代、オタクがスクールカースト上位に」

十味

ゼロイチファミリア発の5人組アイドルグループ#2i2(ニーニ)。デビュー前から『ヤングジャンプ』の誌面ジャックが決定するなど、大きな注目を集めている。アーティスト応援コミュニティサービス「CHEERZ」と組んだキャンペーンでは、#2i2がアイドル1年生ということで、「新入生」をテーマに制服姿のブロマイドを制作。ENTAME nextでは、そのブロマイドの制服姿の5人を直撃。「学生時代どんな少女だったか」をテーマの話を聞いた。5回目は、数多の雑誌の表紙を飾るなど個人での活動も著しい十味のインタビューをお送りする。(前後編の前編)

【写真】5人そろうとさらに青春感が増す、#2i2の制服集合写真

     *     *     *

――今回は十味さんの学生時代の話を中心にインタビューさせていただきます。十味さんは、高校生時代からニコニコ動画に「踊ってみた」動画を投稿されていました。ハマったきっかけは何ですか?

十味 まず、中学2年生の頃、友達に「深夜アニメ見てみなよ!」って勧められてアニメにハマったんです。『けいおん!』というアニメが好きなんですけど、軽音楽部の話なのでバンド曲やキャラクターソングがたくさんあるんですよ。そこからいっぱいアニメソングを聴くようになって、ボーカロイドを好きになって、ニコニコ動画にボーカロイドの楽曲の「踊ってみた」を投稿するようになりました。地元が長野県のとんでもない田舎で、遊びに行く場所も少なかったので、気軽にアクセスできるインターネットコンテンツに惹かれたんだと思います。

――インターネットは都会も田舎も関係ないですもんね。実は、地元にはアニメオタクが多かったり……?

十味 はい。中学校ではクラスみんながアニメオタクでした。珍しいですよね(笑)。オタクって、スクールカーストの下の方にいるイメージじゃないですか。でも、私が通っていた中学校はみんなオタクだったので、オタクが上の方にいたんですよ。30人くらいのクラスだったんですけど、全然アニメを見ないって子は6〜7人だったんじゃないかな。

――面白いですね。友達との会話もアニメの話が中心ですか?

十味 はい(笑)。「昨日のドラマ見た?」って言うのと同じ感じで「昨日のアニメ見た?」って話していました。

――高校もオタクが多い学校だったんですか?

十味 いや、高校は都会の方まで通っていたので、オタクの数は減りました。スクールカーストも下の方に……。それが原因でいじめられるってことはなかったんですけど、高校時代は男の子から苗字にさん付けでしか呼ばれなかったです。中学までは、男女関係なく、みんな下の名前で呼び合っていたんですけどね。
AUTHOR

とり


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事