FOLLOW US

UPDATE|2020/09/19

HKT48の松岡菜摘、本村碧唯が活動9年目の“挫折”を語る「焦りともどかしさと悔しさと…」

HKT48 本村碧唯

今年9周年を迎えるHKT48。秋には新劇場のオープンも控え、HKT48はどう動き出しているのか…ドキュメンタリー形式で綴る短期集中連載がスタート。長年グループの活動を追い続けてきた元『週刊プロレス』記者で、『活字アイドル論』『ももクロ独創録』など多くの著書を持つ小島和宏氏がメンバーへの徹底取材を行い、HKT48の「今」に迫る。第三回目は、1期生の松岡菜摘と本村碧唯に、無観客公演『HKT48 THE LIVE』への
思いを聞いた。(毎週土曜日午前7時公開)

【第二回目はこちら】“変心”村重杏奈がHKT48の精神的支柱になった理由「ふざけるだけじゃなくて、グループを守りたい」

【写真】無観客公演『HKT48 THE LIVE』の様子

 コロナ禍で劇場公演ができなくなってしまったあいだ、他の48グループでは劇場で無観客公演を行ない、その模様を配信するなどして、活動を継続してきた。

 もちろん16人での公演は「3密」に引っかかってしまうので、出演者を減らした変則的な公演とはなるが、そうすることでグループが生きている証にもなる。

 だが、いまだ新劇場がオープンしていないHKT48は無観客公演を開催することもできない。そこで生まれたのが『HKT48 THE LIVE』と銘打たれた新しい形での配信限定ライブだった。

 会場はいつもレッスン場として使用している場所。メンバーも初回は9人でスタートしたが、全員が揃ってのパフォーマンスはゼロ。1曲につき最大でも3人で歌うことになる(例外としてそこに森保まどかがピアノで参加)。なぜならばメンバー間のソーシャルディスタンスを保つには、レッスン場ではそれが限界だからだ。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事