FOLLOW US

UPDATE|2021/01/16

STU48が初の武道館単独コンサートを開催、石田千穂センターの新曲も初披露【写真10点】

(C)STU

STU48が1月15日(金)、初の日本武道館単独コンサート「新春STU48コンサート2021」を開催。約4千人のファンの前で全22曲を披露した。

【写真】岡田奈々生誕祭も、STU48武道館単独コンサートの模様【10点】

公演中には、2月17日(水)に発売予定のSTU48の6thシングル『独り言で語るくらいなら』を初パフォーマンス。センターには1期生の石田千穂が初抜擢された。また、AKB48兼任の岡田奈々の生誕祭も行われた。

ライブは2021年のスタートにぴったりの曲『出航』から始まり、『STU48瀬戸内ver』、姉妹グループAKB48の『チームB推し』をアレンジした『チームSTU推し』、『思い出せる恋をしよう』など瀬戸内をイメージした楽曲を4曲元気よく歌い上げた。

最初のMCでは、キャプテン今村美月が「『新春STU48コンサート2021』始まりました! こんな大きな会場、日本武道館で私たちSTU48が単独でコンサートできるなんて夢のようです」と日本武道館でのコンサート開催を心待ちしていたファンにコメント。続いての歌唱ブロックへ。

『だらしない愛し方』『サングラスと打ち明け話』『その汗は嘘をつかない』『重力シンパシー』と課外活動ユニットによる楽曲を9曲続けて披露し、それぞれのユニットのらしさを存分にアピール。

MC前の曲『離れていても』は「AKB48グループ歌唱力№1」ファイナリストメンバー岡田奈々、谷口茉妃菜、峯吉愛梨沙、矢野帆夏のソロからスタート。後のMCで岡田奈々が「新型コロナウイルスの影響ですっかり変わってしまった私たちの生活ですが、その中でも強く生きようという願いが込められた、とても大切な歌です」と解説した通りの想いを込めて21人でしっとりと歌い上げた。

そして薮下楓の映像振りから、6thシングル表題曲『独り言で語るくらいなら』の選抜メンバーが発表されると、そのまま楽曲を初パフォーマンス。

初の16人選抜に選ばれた2期研究生の高雄さやかは「今日この選抜に選ばれたという報告がファンの皆様への恩返しになれたのかなと思っています」原田清花は「先輩方に少しでも追いつけるように頑張っていきます」と、とても緊張した様子でコメントした。
STU48

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事