FOLLOW US

UPDATE|2021/03/27

マツモトクラブが語る最後のR-1「僕みたいなおじさんは必要とされていないんじゃないか」

マツモトクラブ 撮影/山上徳幸

“ひとり芸日本一”を決める『R―1グランプリ2021』(カンテレ・フジテレビ/3月7日放送)で、敗者復活から決勝に進み、トップバッターで爪痕を残したマツモトクラブ。結果ファイナルステージ進出は叶わなかったが、SNSでは「マツモトクラブが個人的には優勝だった」など絶賛の声が飛び交い、Twitterのトレンド入りも果たした。「芸歴10年以内」ルールで、今年で「R-1」最後の年となったマツモトクラブに、改めて大会への思いを聞いた。(前後編の前編)

【写真】R―1ラストイヤーで決勝進出したマツモトクラブ

――2021年から『R-1グランプリ』の大会名がカタカタ表記になり、出場資格も芸歴10年目までになりましたが、初めて聞いたときはどう思いましたか?

マツモト まず自分は今回も出られるなと思った後に、「あの人は出られないのか」と周りのピン芸人たちの顔が次々と思い浮かびました。身近なおじさんたちが、この1年間、R-1に向けて頑張ってきたのに、急に出られなくなるんだと……。

――ご自身も最後の年になるということで、R-1に臨む意識も違いましたか?

マツモト R-1はピン芸人である限り、優勝するまでは出続けなければいけない大会だと思っていたので、最後だから全力で臨むぞという気持ちもありつつ、今回で最後になることで、実は清々しい部分もあったんです。昨年は2015年から5年連続で決勝進出していたのが、復活ステージで敗退して途絶えてしまいました。

それが、わりと自分の中ではデカくて、次の年は決勝に行かないと、このまま行けなくなるぞという危機感があったんです。それもあって今回で最後と聞いたときに、「もう一回決勝に行って終わりにしよう」という清々しい気持ちで臨めたんですよね。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事