FOLLOW US

UPDATE|2015/12/11

歴史をなぞる内容に胸が熱くなる さくら学院5周年ライブ1日目レポート

さくら学院「5th Anniversary LIVE~for you ~」初日ライヴレポート 2015.DEC.05


 12月8日にメジャーデビュー5周年を迎えたさくら学院の記念ライヴ「5th Anniversary LIVE~for you ~」が12月5日・6日に横浜のKAAT 神奈川芸術劇場で行われた。サプライズもあった記念すべきライヴ、まずは初日の模様をお届けする。
 


 港町・横浜。山下公園や中華街、そしてさくら学院にとって思い出の地である赤レンガ倉庫からも近いロケーションにあるKAAT 神奈川芸術劇場。昨年も同時期に4周年ライヴでその舞台を踏んださくら学院が、今年は2デイズ、5周年を祝う場所としてこの地に戻ってきた。

 収容人数1200人超の同劇場は、垂直に近い構造で2階・3階席も比較的見やすい。ステージは2階建ての構造。中央の階段を上ると生徒たちが出入りする扉があり、その上にはスクリーンが設けられている。扉の左右には2階部分に上る階段があり、ステージ上手・下手にも直接2階部分に上れる階段がある。立体的な舞台を使って生徒たちはどんなパフォーマンスで魅せてくれるのだろうか?

 同じ建物内の大スタジオをはじめ、全国25カ所の映画館でもライブビューイングが行われ、日本中の父兄たちとお祝いすることになった5周年ライヴの初日がいよいよ始まる。

 18時7分、場内が暗転し大歓声がこだまする中、スクリーンには2010年度からの思い出深い映像が流され、『チャイム』のイントロが始まる。放課後のお楽しみのようなワクワクする2日間の幕開けだ。冬服の制服に身を包んだ12人の生徒たちが元気に躍動する。どの顔も飛びきりの笑顔。そんな中で曲後半、岡田愛がダンスのフリをミスして、他のメンバーとは違うアクションをしてしまう。「やっちゃった!」という表情を浮かべる岡田。フリの間違いは2度、3度と繰り返されたのが気になってしまう。父兄たちからは「メグちゃん頑張れ」の声も飛ぶ。

 曲が終わると、磯野莉音生徒会長が残りのメンバーに「明日の2デイズライブの練習頑張ろうね!」と声をかける。どうやら小芝居が始まるようだ(笑)。山出愛子が岡田に声をかける。「ねえメグ、この後ファーストフード行かない?」。誘いを断り教室に戻る岡田。

 場面は変わってファーストフード店内。思い思いに注文する生徒たち。キーンと音が鳴り響き、日髙麻鈴は「今、私はあなたの心に直接話しかけています。オレンジジュース」と、テレパシー注文で笑わせる。

 そこへ入ってくる担任の森ハヤシ先生。場内は大きな拍手に包まれる。「森先生、ファーストフードで夜ご飯ですか?」とツッコむ黒澤美澪奈に森先生は「最近妻に虐げられてて……飯もロクに作ってもらえない」とこぼす。「かわいそう!」と嬉しそうな吉田爽葉香に父兄たちは大喜びだ。黒澤はバーのお客風に「店員さん、森先生にこのお店で一番強いお酒を」とキメて笑わせる。そんな森先生に日髙は「It’:s so funny」と流ちょうな英語で上から目線であざ笑う(笑)。

 そんな中、ひとりしょんぼりとしている山出。「最近メグが私を避けてるみたい」と打ち明ける。「そういえば最近ふたりが一緒のところ見たことない」「でもふたりって何だかんだ言って仲良いし……」と噂し合う生徒たち。すると「メグちゃんこんなこと言ってたよ!」と吉田。するとおもむろに舞台上手寄り2階部分に現れた岡田が「そよちゃんって可愛くってお家に持って帰りたい!」と身もだえしながら演技(笑)。そして倉島颯良が「メグはこんなこと言ってました」と言うと、下手2階に突然現れたのは、大賀咲希扮する村上しずくのキャラ(笑)。久しぶりの登場に場内からクスクスと笑いが漏れる中、大賀……いやしずくちゃんは「お久しぶりです! 趣味はレシート集め、特技はだいちゃんと遊ぶこと」と手に持ったぬいぐるみを見つめ、「だいちゃんも自己紹介して? だいちゃんでーす!!」と叫んで爆笑を呼んだ。森先生も、「大賀の飛び道具感がすごい」とあきれ顔だ。

 次に登場したのはあの3人。「私たち恐怖のイエーイ軍団、KYG!イエエエエイ!!」と、スピーカーが壊れるんじゃないかという大音量で騒ぐ、岡崎百々子、麻生真彩、藤平華乃の登場だ。もはや芝居のストーリー無視した展開に大混乱の舞台上。岡崎は「私は今、森センに直接話しかけています」とテレパシーネタをぶち込むが、「フツーに言ってるだけじゃん」と森先生にドヤされて帰って行く(笑)。その森先生は妻から電話がかかってきたようで、「最も妻を大切に!」と言い残して帰ってしまう(笑)。

 山出は「もういい。メグと私、全然タイプ違うし、ダンスも失敗してばかりだし。このまま仲悪くなったって、いいってこと」と諦めモード。そこに現れた岡田、「やっぱそうだよね」と一言残して走り去ってしまう。追いかけない山出。気まずい空気のままライブ当日に。磯野は山出に「2人にとっても大切な5周年ライヴなんじゃないの? こんな気持ちのままじゃ、もったいないよ」と決め台詞。そこへ現れる岡田。2人を残して去る磯野。岡田は「愛子ごめん! メグ、いつもダンス間違えて愛子のこと困らせて。だからひとりで練習してたの。愛子とふたりで手をつないで踊りたかったから。愛子とは本当のライバルと親友でいたいから! 愛子が大好きだから!」と涙声の迫真の演技だ。まさか小芝居でウルッとさせられるとは思わなかった客席の父兄たち(笑)。『チャイム』での岡田のダンスの間違いは、この芝居のための演技だったのか……いや、『チャイム』から芝居は始まってたのか! と気づかされた。

 山出も「もう謝らないで! メグは大切な友だちなのに信じてあげられなかった私の方が悪いから! もう1回親友に戻れるかな?」と負けず劣らずの名演技。「もちろん!」とうなずく岡田に、いつの間にか集まったその他の生徒たちの歓声。手をつないだ2人を前に磯野が「5周年ライヴ始まるよ!」と号令。『FRIENDS』が始まる。友情の演技の後ではいつもよりも感傷的な気持ちになってくる。岡田のダンスも、もちろんミスすることなくキレキレだ(笑)。


次ページは、あの問題は解決したのか!? 久しぶりにあの曲を披露!


メドレーやダンスパフォーマンス曲で懐かしさを感じる場面も


 曲が終わり大歓声の中、「やってきました、5周年ライヴ!」と叫ぶ白井沙樹の声に、メンバー・観客一体となって盛り上がる。口々に5周年の喜びと会場の大きさに驚く生徒たち。いよいよ始まったワクワク感に会場全体が包まれる。この会場だけでなく、全国の映画館でライブビューイングされていることに興奮している様子だ。そしてトークは先ほどのお芝居の話題に。2011年度の学院祭で卒業生の菊地最愛と水野由結が演じたネタをリメイクしたものだが、山出は「めっちゃ緊張したけど楽しかった」と語り、岡田は「お芝居を通して改めて愛子は大切な存在なんだなってわかった」と話して拍手喝采を浴びた。

 「次の曲は今年度初披露で二階を使う曲」と磯野の言葉に大盛り上がりの父兄たち。人気曲『スリープワンダー』のスタートだ。昨年度まで菊地が担当していた「困らせちゃったみたい」のパートは大賀が、田口華が演じたイタズラな猫は麻生が担当。眠そうな顔で演じる麻生が可愛らしい。幻想的なSEで始まる次の曲『Planet Episode 008』ではアクシデントも。金星の歌詞の途中でバックのカラオケが止まってしまう。すかさず始まった手拍子の中、アカペラで歌い続けようとする生徒たち。ここでストップが入り、音が復旧するまでト 
ークでつなぐことに。先ほどの岡田のダンスの例もあったばかり、これは演出なのかガチなのか、疑心暗鬼でザワザワする客席(笑)。

アドリブで「3階の皆さん盛り上がってますか?」と煽り始め、会場を沸かせて場をつなぐ生徒たち。ここで再開の合図が入り、「『チャイム』からはできませんよ?」と笑わせて『Planet Episode 008』が再スタートした。モッシュサークルのようにぐるぐる走り回る生徒たちの表情は皆、楽しそうな笑顔だ。特に木星役の麻生の笑顔はとびきりで、見ている者の心をポカポカにしてくれる。惑星のキャラクター毎に変化する曲調と歌詞をダンスと表情で演じ分ける生徒たちの姿が、客席を楽しい気分にさせてくれる。

 場内が暗転し、がらりと雰囲気の違うサウンドの中、イスを持って戻ってくる生徒たち。インストルメンタルの『Let’:s Dance』だ。ハードなダンスナンバーに乗り、横一列に広がってイスを駆使したダンスを繰り広げる12人。過去に一度だけ披露されたことのある同曲のダンスのレベルはかなりの高さで、半分の6人が転入してまだ7ヶ月ということを考えると、その完成度に驚かざるを得ない。学院祭での『もってけ!セーラーふく』でも感じたが、2015年度の生徒たちの成長のスピードは、ちょっと凄すぎやしないだろうか。

 圧巻のダンスの後は、スクリーンにさくら学院2010年度からの映像が映し出される。卒業生たちの、まだ初々しく幼い姿、それが時を経るに従い少しずつ成長し、美しくも頼もしい姿へと変貌していく。在校生も転入生も、それぞれが夢に向かって、スーパーレディに向かって成長していった過程を改めて見ると、その一瞬一瞬がキラキラと眩しくて、長いようで短いこの5年という月日が一層愛おしく感じられてくる。そして5周年というのはある意味通過点であって、これからも止まることなく成長していく生徒たちの姿を見守っていける幸せを実感してしまう。

 ステージ上に戻ってくる生徒たち。始業のベル。『ベリシュビッッ』だ。生徒たちのダンスに合わせて父兄たちが送る手拍子。そしてかけ声。ワンコーラスでエンディングへ。どうやらメドレーで数曲披露するようだ。続いては『Hana*Hana』。こちらもワンコーラスを終えて『FLY AWAY』へ。イントロからサビへと飛び、キレキレのダンスを披露して次の『オトメゴコロ。』は出だしの「ウォウウォウ」の部分だけで次の曲へ(笑)。

 イントロが始まると客席は大盛り上がり、『WONDERFUL JOURNEY』だ。例の「らうら問題」で久しく披露されなかった同曲、学院祭では“あの問題&rdquo:が解決するかも? と示唆されていたが、メドレーで当該部分を省くことで解決させるとは誰も思わなかったであろう(笑)。何はともあれ、フラッグを振りながら脳内世界旅行が楽しめる同曲が復活したのは嬉しいことだ。次の曲は『ハートの地球(ほし)』。フラッグをポンポンに持ち替えた生徒たちがハートやSAKURAの文字を次々と形作る。さくら学院の色々な楽曲の歌詞が散りばめられている同曲は、メドレーに最も相応しいと言えるのかも知れない。

 MCで磯野は「5周年は全部の曲をやりたかったけど、時間が長くなっちゃうし、できるだけ多くの曲を届けたいのでメドレーにしました」と説明。場内は大拍手だ。『WONDERFUL JOURNEY』で倉島に肩車された藤平は「いつもより身長が伸びて、2階席・3階席の皆さんも近づいて見れました」と大喜びだ。そして次の曲は、初披露となる今年度の新曲『キラメキの雫(かけら)』だ。ピアノメインのイントロから、エレキギターのリフへとつながっていくアップテンポの楽曲。失敗しても迷いがあっても前に進んでいこうと歌う、さくら学院らしいポジティブな楽曲。新たな名曲誕生の予感がした。

 続いては2013年度のシングル曲『Jump Up ~ちいさな勇気~』。パッヘルベルのカノンをモチーフとした美しい旋律に、どこまでも爽やかで純粋な思いが、天使のような歌声に乗って心に響いてくる。まさに成長期の彼女たちだからこそ伝えられる真っ直ぐな歌に、熱いモノが心にこみ上げてくる。

 そして次は早くも本編最後の曲。「この5年間さくら学院を応援してくれている父兄さんへ感謝の気持ちを届けたい」。白井がタイトルコールした曲は『君に届け』。信じる夢に向かって日々、顔笑るさくら学院のメンバー。その道は決して平坦ではない。山のときも谷のときも見守り支えてくれる仲間たちや父兄への感謝の気持ちを歌に込める12人の愛しき生徒たち。その健気な姿、いつも笑顔で元気な彼女たちにいつも勇気づけられている我々の方こそ、感謝の思いを届けたい……。熱い声援と手拍子に、気持ちを込め、精一杯の応援をする父兄たち。生徒たちにもっと強く届くよう、もっともっと応援したい。そんな気持ちがますます高まるのを感じる。

さくら学院『さくら学院 2014年度 ~君に届け~』

次ページは、卒業生のコメントに父兄大盛り上がり!

さくら学院と5年間をともに歩んできた“はじまりの歌&rdquo:を披露

 
 場内が暗転し、アンコールの手拍子が始まる。突然『FRIENDS ~Unplugged 2013~』のイントロが流れ、スクリーンにその4人が映し出される。2013年度の卒業生である堀内まり菜、飯田來麗、杉﨑寧々、佐藤日向の姿に、場内は大歓声。卒業から1年半以上が経過し、高校2年生になった4人からのビデオメッセージだ。それぞれが大人っぽくなったが、トークの雰囲気は相変わらず。

 杉﨑が食べこぼしで汚した制服は岡田に受け継がれていること、卒業写真集の撮影で八丈島に行く前日にケンカしたこと、その八丈島で、二十歳になったら4人でまた八丈島に行く約束をしたことを楽しそうに語ってくれた。

 それにしても看護士を目指して芸能界を引退した杉﨑の動く姿や声を聞くのは実に久しぶり。来年度はいよいよ受験。志望校も見えてきて、いよいよ看護師へのスタートラインに立てるとワクワクしている、良い報告ができるよう頑張ると語ってくれた。最後に堀内が「これからも卒業生とさくら学院の応援よろしくお願いします」とまとめて、拍手の中ビデオメッセージは終了した。

 続いて登場したのは購買部の白井と吉田。コラボグッズのシャーボやビデオシングル『School days &minus: 2015 -』などを紹介し、『ピース de Check!』を披露。途中から残り10名のメンバーも登場し、12人での購買部は大盛り上がりで終了した。MCでは卒業生のビデオメッセージに触れ、麻生が「看護師さんになって治療してほしい」と無邪気に発言して笑わせた。白井は『Let’:s Dance』を披露するにあたり、経験者が磯野と大賀しかいないので飯田にレッスンに来てもらったというエピソードを披露してくれた。

 山出が「卒業生や、いつも応援してくれる父兄さんのことを思った歌」とコールした次の曲は『マシュマロ色の君と』。客席からの温かい手拍子、そんな応援に元気づけられることへの感謝の思いを歌った同曲はいつ聞いてもジーンと来てしまう。生徒たちと父兄たちの間の絆を最も実感できる曲の一つだ。そして最後の曲は『School days』。「2010年度開校当初から大切に歌い続けてきた曲。2015年度らしく歌います!」と磯野のコールでピアノのイントロが始まる。学院祭では敢えてという感じで披露されず、ビデオシングル発売にあわせて5周年初日のラストに満を持して歌うという心憎さ。さくら学院を象徴するような楽曲を、2015年度らしく若々しく元気でフレッシュに披露してくれた。

 あっという間に終演を迎えた初日の公演。さくら学院らしいライヴであったと感じる一方、5周年公演としてはまだまだやり残している感がある。これはやはり2日目まで観ての5周年公演ではないか? そんな思いがこみ上げてくる。翌日の公演は初日以上に驚きと楽しみに満ちたライヴになるはずだ、そんな確信に包まれながらクリスマスソングの流れる会場を後にする。2日目の公演を楽しみに待とう。そんな気持ちを皆が抱きながら帰途についた。


サプライズで卒業生が登場!念願の2ショットも さくら学院5周年ライブ2日目レポート

さくら学院『さくら学院 2014年度 ~君に届け~』

セットリスト
01 チャイム
02 FRIENDS
03 スリープワンダー
04 Planet Episode 008
05 Let’:s Dance
06 5th Anniversary Medley(ベリシュビッッ~Hana*Hana~FLY AWAY~オトメゴコロ。~WONDERFUL JOURNEY~ハートの地球)
07 キラメキの雫
08 Jump Up ~ちいさな勇気~
09 君に届け
アンコール
10 ピース de Check! (購買部) 
11 マシュマロ色の君と                         
12 School days

 
竹崎清彦 アイドル、ファッション、スポーツ、ゲーム攻略本など幅広く執筆。趣味はライヴ観戦。好きなアーティストを追いかけ世界中どこへでも行きます! 80年代モノに詳しい。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事