FOLLOW US

UPDATE|2014/01/24

AKB48が全国47都道府県から新メンバーを募集し、チーム8を結成

AKB48が新チーム「チーム8」を結成することを発表した。チームA、チームK、チームB、チーム4に続く5番目のチームとなるが、これまでの4つのチームとはコンセプト、メンバーの選出方法ともまったく異なるのが特徴。

 チーム8は、AKB48が2005年の結成以来コンセプトとしてきた“会いに行けるアイドル”から発展し、メンバーが全国のファンに“会いに行くアイドル”というスタイルを基本ベースとして活動を展開していく。メンバーは既存メンバーから選出されるのではなく、新たにオーディションを開催し、完全に新規のメンバーで結成される。

 オーディションは“会いに行く”というコンセプトに合わせて、全国47都道府県ごとに行なわれ、それぞれ代表1人を決定。さらにその47人の候補の中から選ばれる仕組み。「AKB48 Team 8全国一斉オーディション」は、各都道府県の地元放送局の協力のもと3月に実施。応募資格は12歳から20歳までのプロダクションに所属していない女性となる。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事