FOLLOW US

UPDATE|2020/01/24

苦悩の時代を共に乗り越えた3人の絆、日向坂46セルフドキュメントに加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲が登場

(左から)加藤史帆、齊藤京子、佐々木美玲

日向坂46のメンバーが出演する、CS放送TBSチャンネル月イチレギュラー番組の第5回目が1月26日(日)に放送される。


日向坂46がメンバー同士でインタビューをし、 互いに個性を掘り下げる番組『セルフ Documentary of 日向坂46』。5回目となる今回は、1期生の加藤史帆、 齊藤京子、 佐々木美玲が出演する。

最初は、 佐々木へのインタビューからスタート。16歳でオーディションに合格し、けやき坂46(ひらがなけやき)時代にはセンターも経験した佐々木だが、グループ結成初期は明確な目標が見えなかったと振り返る。そして、2期生加入が決まった時の気持ちを素直に告白し、佐々木の言葉を受けた加藤と齊藤も当時の思いを語り合う。

2番手は、圧倒的な歌唱力を持つ齊藤。「アイドルになる前は?」という質問では、幼い頃から歌手を目指してきた齊藤がアイドルの道へ進むことになったきっかけを明かす。さらに、けやき坂46時代に感じていた不安や葛藤、そして今まで誰にも話したことのなかった悩みを打ち明ける。

最後は、これまで何度もグループのフロントポジションを務めてきた加藤。極度の人見知りだったという加藤は、アイドルになって大きく自分を変えることができたと笑顔で話す。しかし、「自分の欠点」を聞かれると目に涙が……。苦悩しつつもアイドルとしてひたむきに前に進もうとする加藤の強い思いが語られる。

収録後、 加藤は「撮影は想像以上に私たちだけだったのでびっくりしましたが、 2人がインタビュアーだったので、ちゃんと話すことができました。じっくりと話せて本当に良い機会になりました」とコメント。また、齊藤は「今まで言ったこともなければ、言うつもりもなかったことを素直に話すことができました。 それは、このメンバーだからできたことだと思うので、改めてこの3人はいいなって思いました」と今回の収録でより絆を深められたと語った。そして、 佐々木は「2人の話からはすごい刺激を受けて、 私も頑張らなきゃって思いました。 普段はあまり真面目な話をしないので、ファンの方たちも今回の私たちを見てびっくりすると思います」と振り返った。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事