FOLLOW US

UPDATE|2020/02/20

令和最狂アイドル・鶯籠、メジャーデビュー記念インタビュー「メンバーは“全員怪物”」

左からPINOCO、からあげ、駄好乙、ばんぱいあ、点点 撮影/荻原大志

アグレッシブなライブパフォーマンスと“エモい”楽曲で、2018年2月の結成当初から大きく注目を浴びていた鶯籠(とりかご)。メンバー兼エグゼクティブプロデューサーの弱冠15歳・駄好乙(たむこ)を筆頭に、個性豊かなメンバーが揃うグループが、ついに2月19日にメジャーデビューを果たした。「メジャーに行っても根本は変わらない」と話す彼女たちの、濃すぎる個性に迫る。


──鶯籠はライブで、アグレッシブな振り付けや、毎回変わる演出などかなり趣向を凝らしていますよね。

駄好乙 そうしようとはしてますね。やっぱりオリジナリティがなきゃ突出できないし、それがなくなったら他と同じになっちゃいますから。

──ステージ上ではどんなことを心掛けていますか?

からあげ アイドルなんですけど型にはまらないようにというか、魅せるライブをしたいと思ってますね。

──鶯籠のライブは「演劇的」という言い方もできると思います。

駄好乙(たむこ) 他のアイドルってめっちゃキッチリ揃ってるダンスするじゃないですか? 毎回同じモノを見せられても自分だったら楽しくないし、長く続かないとも思うから、そういう演劇的な動きだったりアドリブだったりっていうのはありますね。

──ダンスの先生はいるんですか?

ばんぱいあ いないです。振り付けはダンス経験がある駄好乙が中心に決めてるので。

──メンバーであり、エグゼクティブプロデューサーでもあるという駄好乙さんは振り付け以外にはどんなことをされているんですか?

駄好乙 鶯籠ってコンセプトとか世界観をすごい大事にしてるんですけど、そういうコンセプト作りだったり。あとはメンバーの管理ですね。僕、メンバーを脱退させる権利あるんで、もしこの子達が悪いことをしたら即座に解雇します(笑)。

ばんぱいあ でも逆も然りですよ。5人で管理し合ってるんで、駄好乙が何かしたらこっちがボイコットしますから(笑)。

駄好乙 ま、どっちもないとは思いますけどね。

ばんぱいあ いや、むしろメンバーへのタッチがヒドいので、私たちが何度駄好乙を脱退させようと思ったことか(笑)。

──タッチですか(笑)。

からあげ ハイ。中学生男子みたいなものです。

駄好乙 それはコイツらの被害妄想です(笑)。

CREDIT

取材・文/鎌形剛 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事