FOLLOW US

UPDATE|2020/08/02

【ライブ詳報】和田彩花セルフプロデュースでソロワンマンライブを開催【写真15点】

和田彩花


VTRを挟んでからのライブ後半戦は、悲しみを乗り越えていく思いを力強い歌で伝える『For me and you』、運命の巡り合わせを歌う疾走感溢れるナンバー『あれは運命的な出来事』を披露。『この気持ちの行く先に』では、様々な意見がある人間同士だが、いつかは分かり合って未来を作っていきたいという歌詞を、和田は熱い思いを吐き出すように言葉に感情をしっかりと込めて歌っていく。そして、ミディアムチューン『あなたが選んだものあなたが選ぶもの』が披露された。人それぞれの選択を尊重していこうというメッセージを温かいメロディで歌唱する和田。広がりのある歌と演奏には、大きな愛で包み込んでいくような力強さを感じ取れた。優しさと強さのこもったドラマチックな世界観が会場に響くと、観客はこれまで以上の大きな拍手を送った。

笑顔の和田は「短い時間でしたがありがとうございました」とシンプルな言葉で観客に感謝を伝える。そして繊細なピアノの音色から、あなたという存在の大切さを歌う『#15』が届けられた。続けてギターのアルペジオがループしていき、オープニングで演奏されたインスト曲に歌詞が乗った『エピローグ』が披露される。優しさに溢れたボーカルとサウンドが会場を包むと、最後には会場の上空にある花のロープが観客の頭上の近くまで降りてきた。以前から和田は、「ステージと客席の境目を無くしたい」という思いを公言していた。だが、コロナ禍でそれを実現するのは難しい現状。そこで彼女は自分の気持ちを、演者と観客をつなぐ花の架け橋として表現したのだ。和田はピースな思いをしっかりと観客に伝えて、ライブは終了となった。

昨年8月1日にソロのキャリアをスタートした和田彩花。このライブは、ハロー!プロジェクトから卒業し、全て1から学び築き上げてきた1年間の集大成的な内容だった。音楽的にはオルタナティブミュージックと言っていい楽曲ばかりだが、彼女の中に一定のジャンルを狙おうといった意図は全くない。自分の思いのアウトプットの形が、結果的に現在のスタイルになったのだ。ライブの演出にしても、例えるなら、やりたいことをやってみたら自然とコーネリアスに相通じる雰囲気になったというのがとても面白い。

自身が今感じる思いを音楽として届ける。シンプルでありながらとても難しい作業を、ひとつずつクリアしながらたどり着いたZepp Tokyoワンマン。彼女の成長と未知なる可能性を感じられる濃密な時間だった。さらなる進化を遂げていく、和田彩花のこれからの活躍を大いに期待したい。和田彩花

▽和田彩花「2020 延期の延期の延期」
日程:2020年8月1日
場所:Zepp Tokyo@東京 

▽和田彩花 オフィシャルYoutubehttps://www.youtube.com/channel/UCb1mHLQD9hVjoa4Z8LEwSjw

【あわせて読む】和田彩花がソロとして歩んだ半年間「作詞をしてみて、改めてつんく♂さんのすごさを実感」

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事