FOLLOW US

UPDATE|2014/09/10

さくら学院 公開授業9.6レポ「さくら学院 生殖」で検索?

さくら学院公開授業「動物の授業」レポート 06.SEP.2014


 9月6日、さくら学院の2014年度、2度目の公開授業が横浜のはまぎんホール・ヴィアマーレで行われた。今回の講師は“歌う生物学者&rdquo: としても知られる本川達雄先生。果たして、さくら学院の生徒たちのおじいちゃんと言っていい年齢の本川先生が、“孫娘たち&rdquo:と、どんなカラミを見せるのか?
 


 続いて17時半からの2限目。生徒は菊地最愛、野津友那乃、磯野莉音、白井沙樹、山出愛子の5人。菊地はいきなり「最愛やせたと思う人?」と客席にアンケート。意外に多くの手が挙がり喜ぶ菊地。「太ったと思う人?」には勇気のある数名が手を挙げる。菊地は「最愛は体重は変わってないんですよ、顔がむくみやすいらしいんです」と、最近最愛ちゃん太った? というファンの声への弁解モードで笑わせた。

 野津は「最近『進撃の巨人』にハマっている」とアピール。磯野は「さくら学院で『アニマリズム』っていう動物をテーマにした歌を歌ってるので、動物の知識をたくさん得たい」と、真面目なコメントをしたかと思えば、菊地の方を向いて「むくんでるは言い訳だよ」と言い放って会場は爆笑の渦に。

 白井は「今日はマジメに楽しく頑張ります」と優等生的に発言。山出は「えっと~今日は動物の授業なので、えっと~」と詰まってしまい、森先生に強制終了されていた。ここで菊地と野津がどうしてもやりたいと、進撃の巨人のネタを披露。しかし場内は薄ら笑いに包まれ、下級生には「これが中3なんだな」と言われる始末。「後悔しかない、公開授業だけに」と森先生のオヤジギャグも飛び出した。

 2限目のテーマは「動物の時間」について。ネズミのような短命な小動物と、ゾウのような長生きの動物の時間の流れ方は違ってるのでは? という話だ。動物は目で光を感じ、耳で音を感じるように、心、すなわち心臓で時間を感じるのだという。そして時間の感じ方は鼓動の速さで変わってくるのだという。0.1秒に一度心臓が一拍するネズミと、3秒に一度脈を打つゾウでは時間の流れる速さは違うのだ。身体の大きい(体重の重い)動物は脈拍も呼吸も遅く、妊娠期間が長く寿命も長いが、身体の小さい(体重の軽い)動物は脈拍も呼吸も速く、妊娠期間も短く寿命も短いということ。

 そして、他の動物と付き合うときは、時間の流れの違いまで理解して接するべきだという。ネコと20分遊ぶと、ネコには1時間くらいの長さに感じられているのだそうだ。

 非常に興味深い授業なのだが、さくら学院の生徒たちはわかったようなわからないような微妙な反応で、口数も少なくなり気味に。ここで1限目同様本川先生の歌の時間。「一生のうた」は上記のテーマをわかりやすく、まったりとしたリズムに乗せた曲。生徒たちは、これまたまったりとした手拍子で盛り上げて(?)いた。

 次のテーマは、生きものはなぜ食べるのか。白井は「お腹が空くから」と答え笑わせる。正解は身体を構成している細胞が、活動するために必要なエネルギーを得るためなのだが、この辺りから話が難しくなってきて、生徒たちは置き去り気味に。白井以外はほとんど反応のない状態になってしまう。しかし本川先生も諦めてしまったのか、どんどん話を進めていってしまうのであった。話がATP(アデノシン三リン酸)に及ぶに至っては生徒全員フリーズ状態。

 ここでまたも本川先生の歌「ATPのうた」が登場。繰り返しATP! と登場する歌で、全員強制的にATPというワードが脳内にインプットされてしまった。森先生は「大至急ミキコ先生に振り付けを……」と爆笑を誘った。

 ここで授業は終了。野津は「ATPを知れてよかった」と感想を口にするも、菊地は「画面に出てくる本川先生のタブレットの電池の減りが気になって……」と語り、「おまえドコ見てんだ」と森先生にツッコまれる。磯野は「アリストテレスは科学部の歌に出てくるのでよかった」と比較的まともな感想。白井は「ATPが覚えられてあの歌凄い」と歌に気を取られ、「白井には優等生でいてほしかった」とこぼす森先生。するとすかさず磯野が「偽かも知れない!」と、野津のあだ名ニセ優等生を持ち出し笑わせた。前向きに話を聞いていたように見えた山出は「歌詞にビックリマーク(!)があるの覚えました」との感想で森先生を嘆かせていた(笑)。

 最後に森先生は、「今日の授業はずいぶんATPを消費してしまった。本川先生に生徒の失礼を謝らなきゃ」と笑わせていた。






竹崎清彦 アイドル、ファッション、スポーツ、ゲーム攻略本など幅広く執筆。趣味はライヴ観戦。好きなアーティストを追いかけ世界中どこへでも行きます! 80年代モノに詳しい。 

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事