FOLLOW US

UPDATE|2021/04/12

バッシングを乗り越えて“役満ボディ”岡田紗佳が語るMリーグ「麻雀をナメてると思われるのが怖かった」

撮影/松山勇樹

人気ファッション誌「non-no」のモデルオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルとして活動を開始。同時にタレントしても数々の番組に出演し、「役満ボディ」と称される抜群のプロポーションで世の男性を魅了してきた岡田紗佳。もう一つの顔である「麻雀プロ」としても、数々の大舞台で輝きを放つ彼女が、競技麻雀の道に歩を進めた理由、そして表には出なかった苦悩を語る。

【前編】「役満ボディ」のMリーガー・岡田紗佳が告白 モデルじゃなければ麻雀プロになっていなかった!?はこちらから

【写真】「役満ボディ」と称される抜群のプロポーションも話題、岡田紗佳プロの私服カット

――プロになってわずか2年で、Mリーグという大舞台に。ドラフトで指名を受けたときはどんな気持ちでしたか。

岡田 初年度も試合はほとんど全部見ていたんですよ。単純にファンでした。だから、やっぱりうれしかったです。

――歴戦のプロたちと闘える自信があった?

岡田 それは正直ありませんでしたね。連盟の勉強会でも言われたんですけど、「試合を見ていて『この人は強いな』って思ったら、その思っている10倍は強いから。自分より何枚も上だよ」って。で、1年目に見ていたから、選手がみんなどんなに強いか、もうわかってるわけですよ。「精いっぱいやるしかないな」って思ってました。

――デビュー戦のことは覚えていますか?

岡田 全然です(苦笑)。相手が誰だとか、自分がどんな麻雀を打ったとか、まったく覚えてないですね。初戦だけじゃなくて、去年のシーズンのことはほとんど覚えてないです。仕事で緊張することはあっても、本当に頭が真っ白になる、ってことはない。Mリーグで初めて「ああ、こういうことか」ってわかりました。プレッシャーもすごいし、1年目は怖かったです。

――怖いというのは?

岡田 対戦している相手が怖い、というのもありますし、視聴者の方に「芸能人やりながらって、麻雀をナメてるんじゃないのか?」って思われるのも怖かった。ちゃんと打とう、と思い過ぎていた気がします。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事