FOLLOW US

UPDATE|2015/04/08

指原、舞台は最初で最後!? HKT48明治座公演が開幕

3月8日、HKT48指原莉乃座長公演の記者発表が明治座で行われた。

 このHKT48指原莉乃座長公演には、HKT48から選抜された16名が出演。第1部が博多少女歌舞伎『博多の阿国の狸御殿』、第2部がライブ『踊る!たぬき祭り』という約3時間に及ぶ公演だ。

今回、初めて座長を務める指原莉乃(中央)

 舞台ついて、田島芽瑠は「(たぬき役は)おなか叩いて踊ったりとか、普段やらないので楽しいです!」。さらに「今は70点!まだ舞台に立ってないので、感覚が掴めてないけれど、力を出し切りたい」(兒玉遥)、「時代劇の言葉遣いが難しくて、噛みそうになるので気をつけたい」(宮脇咲良)と話す。

 指原は「以前主演映画をやらせていただいて、もう演技は絶対やらないって言ったんです。演技が下手だからもうお話が来ないと思うので、今回最後の舞台だと思って、今回を大事に頑張ります」と弱気なコメント。しかし宮脇からは「(指原は)頼もしいです。こんなに忙しいのに、セリフもちゃんと覚えてきて、さすが座長だな!と思います」と褒めると、指原は「このコメントも叩き込みました!」と笑わせた。

 さらに指原から、「信じられないくらい演技が下手で、棒読みと言われてた(朝長)美桜ちゃんが、成長しました」と話が出ると、他のメンバーも大きくうなずく。それに対して朝長は「びっくりするぐらい下手です。でも(作家の)横内(謙介)さんやメンバーにアドバイスをいただいて、頑張って演技しています」と話す。そこで劇中のセリフを話すが、いつもの少し震え声になってしまい、会見では本調子が出なかったよう。朝長の成長した演技は、舞台でぜひ確認したい。

明治座公演への意気込みを語るHKT48メンバー(左から)穴井千尋、兒玉遥、宮脇咲良

演技がうまくなったと指原が話す朝長美桜(左)

 福岡で行われることが発表された総選挙の話題が出ると、出馬を悩んだという指原は「福岡だからわたしたちが推されるのは不本意。だから出ないぞ!と思ったけれど、秋元さんやスタッフさんと話して、地元福岡を少しでも盛り上げるために出馬することにしました」と総選挙への想いを語った。

 今回は「ひとりでも多く(HKT48から)ランクインしてほしい」。さらに「今年一番働いた自信はあるので、出来れば、1位をとりたいです!」と大きく宣言すると、メンバーからも大きな拍手が。1位の秘策は「リンパを流すこと!小顔に命かけてます」と話した。

 最後にはメンバー全員で「明治座公演、見に来てくださーい!」とアピールしていた。

HKT48指原莉乃座長公演の記者発表の模様

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事