FOLLOW US

UPDATE|2016/02/26

想いは12人分!父兄に届ける、バレンタインプレゼント さくら学院2/13ライブ昼公演

さくら学院『The Road to Graduation 2015 ~Happy Valentine~』昼公演@赤坂BLITZライヴレポート 2016.FEB.13


 一気に春が訪れたようなぽかぽかの天候に恵まれたバレンタインデー前日の土曜日。毎年恒例となったさくら学院のバレンタインライブ『The Road to Graduation 2015 ~Happy Valentine~』の昼夜2公演が東京・赤坂BLITZで行われた。『The Road to Graduation 2015』と銘打って行われる、3月末の卒業公演へ向けてのライブ第1弾となる当日の公演、まずは昼公演の模様をレポートする。
 


 最高気温20度を越え、春めいた天気に恵まれた東京地方。開場時間の13時15分には外で上着を着ているのも暑いくらいの陽気になり、入場を待つ列もTシャツ1枚の姿が目立つ。2015年度も気づけば2月、残りは2ヶ月足らずだ。さくら学院のファンである父兄たちにとっては、いよいよここから、卒業を意識するようなライブやイベントが続く季節に突入する。第1弾となるこの日のライブは、バレンタインの華やいだムードに卒業という要素が少し加味され、独特の雰囲気に包まれる。

 会場に入ると、ステージ上はシンプルな作り。目立つのは背景に飾られた巨大なさくら学院のフラッグ。黒地に白でさくらのマーク、SAKURA GAKUIN SINCE2010と白で抜かれている。いよいよライブ開始の気分が盛り上がっていくが、今年は当日になってアクシデントもあった。小等部6年の麻生真彩が、体調不良のためライブを欠席することが発表されたのだ。

 卒業を意識させるような楽曲や冬ならではの曲など、今年度初披露の曲もあるだろう。『Planet Episode 008』のように麻生の見せ場の多い曲も増えつつある。そんな中で欠席せねばならないのは、麻生本人も悔しい思いをしていることだろう。ステージに立った11人の生徒たちが、麻生の分まで気持ちを一つに、どんなパフォーマンスを見せてくれるのだろうか?

 14時3分、始業のチャイムが鳴り、場内は歓声に包まれる。青いレーザー光線が飛び交う中、下手側から現れた11人の生徒たち。1曲目は『FLY AWAY』。ライブの開始に相応しいノリノリの楽曲で、父兄たちもイントロから「ハイッ!ハイッ!」と声を飛ばす。間奏でキレキレのダンスを披露する生徒たちに大歓声のフロア。今日も熱いライヴになりそうだ。

 「みなさん、こんにちは!」。生徒会長・磯野莉音の声に場内は大歓声だ。ここで改めて麻生の欠席が知らされるが、「でもその分、11人で真彩の分まで顔笑るのでよろしくお願いします!」の声に、場内からは温かい拍手がわき起こった。

 小等部5年の藤平華乃のコールで2曲目『Hana*Hana』が始まる。大賀咲希と山出愛子、そして山出と藤平によるラップ調の掛け合いも可愛く決まる。曲はそのまま続いて『School days』へ。間奏で生徒たちが自己紹介をする部分、麻生の部分だけがぽっかりと空いてしまうのが寂しさを誘うものの、残り11人が元気一杯に力を合わせてその穴を埋めようとしているのがひしひしと伝わってくる。

 MCでは「ハッピーバレンタイン!」と生徒全員でコールし、年明け初となる久しぶりのライブの喜びを爆発させる。MCのお題は、前回のライブの後の約2ヶ月間、生徒たちが何をやっていたかについて。「ハイハイ!」とそれぞれ元気に手を挙げてアピールする生徒たち。1番に指名されたのは山出は、「脱アイスをしました!」と大好物のアイスを我慢していることを発表して、フロアは驚きの声に包まれた。岡崎百々子は富士急ハイランドに行ったことを報告。大賀は「百々子は絶叫系大好きすぎてついて行けない」とこぼし、「百々子と愛子がふたりで絶叫系乗りまくって、私たちはベンチで待っている……」と笑わせた。藤平は「押し入れの中にベッドを置いて寝てみたら、すごく気持ちよかった」と、とんでもエピソードを披露して、父兄たちをどよめかせた。


次のページは、さくら学院のバレンタインの思い出とは?


今年度初披露の楽曲で、近づく卒業を意識


 次の曲は『ベリシュビッッ』。ステージ後方の黒白のフラッグはピンクのライトに照らされ、桜の花びらがほんのり色づいている。初期から愛され続ける同曲はフロアも一体となってフリコピで盛り上がる。ドラムが軽快に刻むリズムに手拍子が起き、『Song for smiling』がスタートする。日髙麻鈴の滑らかな英語の発音が耳に心地よい。アップテンポの2曲で盛り上がり、MCで生徒たちは「暑いね~!」と汗をぬぐう。

 そのMCでのお題はバレンタインのエピソードということで、父兄たちには聞きたいような聞きたくないような何とも言えない空気が流れる(笑)。黒澤美澪奈は指名されたいようで挙手をして一生懸命目力でアピールして笑いを取るが、指名されたのは岡崎。「去年はアミューズキッズの1部の子に手作りクッキーをあげました、さくら学院のメンバーだと美澪奈だけだけど」とエピソードを披露。黒澤が「ホントに美味しかった!」と絶賛すると、岡崎は「クッキング部ミニパティとして!」とドヤ顔。白井沙樹が「本当に自分で作った?」とつっこむと、岡崎は「そこは聞かない方がいい……」と答え、場内は笑いに包まれた。

 次のエピソードは日髙。「これは私が幼い頃に……」と、小等部6年でまだ幼い(?)日髙が語り始めると、父兄たちは爆笑。新しいチョコを作ってみたいと思った日髙は、冷蔵庫の中の色々なものを溶かしたチョコに入れてみたという言い、場内はざわざわ。醤油を入れたチョコを母親に毒味させ、それ以降チョコを作るときは母親の監視つきになったという、天然で不思議ちゃんらしいエピソードでほっこり(笑)。最後に磯野は、幼稚園の頃に雑誌の企画でプロのパティシエから教えてもらったチョコのレシピを最近発見したので、あと10年後くらいには作ってみんなにあげるというのんびりエピソードを披露。もうさくら学院卒業しちゃってるとつっこまれ、「自宅まで送るよ、着払いで」と笑わせた。

 ライブは中盤戦、次の曲は今年度初披露となる。一旦ステージ袖に下がる生徒たち。ひとり残る磯野が、皆を手招きする。『My Graduation Toss』だ。卒業ソングの登場に、今年もいよいよこの季節が近づきつつあるのだな、と少し感傷的な気持ちになる。磯野、大賀、白井の中等部3年の3名を中心としたフォーメーション。重要なソロパートを歌う3人に、時の流れの速さを感じる。フロアの父兄たちの温かな手拍子とかけ声に支えられ、初披露ながら堂々の出来映えとなった。続いてはこの季節にぴったりな切ないラブソング『Magic Melody』だ。ちょうど1年前、昨年度のバレンタインライブ以来の披露となる、隠れた人気曲だ。サビを歌う大賀の透き通った歌唱が心に沁みる。

 トークのお題は、転入生6名が初めて披露した2曲についての感想。すかさず元気に手を挙げたのは岡田愛。転入生ではない岡田のアピールに場内は笑いに包まれる。指名されたのはやはり転入生の日髙だ。『Magic Melody』の「大人に変わる~」の部分が好きだと振り付け付きで歌って喝采を浴びる。次に指されたのは、やはり岡田ではなく岡崎(笑)。

 「『My Graduation Toss』の2サビのフリーで踊るところ。メグと一緒に遊んでるので注目してみて下さい」と岡崎。ここでようやく指名された岡田は「ちょっと言わせて!」と前置きし、「『Magic Melody』のイントロのところがメンバーや父兄さんたちと繋がってるみたいで好き。父兄さんも一緒にやってくれたら嬉しい」と提案して拍手をもらった。ここでやっと指名された黒澤は父兄の拍手を浴びながら、「『Magic Melody』の(倉島)颯良と一緒に「重ねていこう~」ってやるのがなぜかわからないけどすごい好き!」とアピールすれば、白井も「中2の絆的なものが感じられていい!」と父兄目線で熱く語って笑いを呼んだ。倉島は「自分も好きだけど、美澪奈がそう思ってくれてると思わなかったのでビックリ」と嬉しそうだ。

 岡田の曲フリで紹介された次の曲は『未完成シルエット』。場内からは大きな歓声が沸き起こる。麻生のソロパートの「置いて行かないで そんな弱音が」の部分がぽっかりと空き、彼女の不在を感じる。いつもとびっきりの笑顔で歌い踊る麻生の姿に元気をもらっていたんだと、不在だからこそ強く感じる。この部分だけ未完成だったパフォーマンスを、3月のライブで完成させて欲しいと願う。そして両手にしたポンポンでのパフォーマンスが楽しい『ハートの地球(ほし)』。バレンタインバージョンということで、普段は「SAKURA」と形作る部分を「HEART」に、最後の○をハート形に変更してきた。急きょ11人でのパフォーマンスに変更してきた生徒たちの対応力にも拍手を送りたい。

さくら学院『さくら学院 2014年度 ~君に届け~』

次ページは、3月発売のアルバム曲を初披露!

11人でのパフォーマンスという悔しさも、大きな経験に


 MCでは3月3日に発売される6thアルバムのオススメポイントについて。吉田爽葉香は「購買部の『ピース de Check!』が入ってるので、毎日毎日車でも家でも聞いてほしい」と笑わせた。岡崎と山出はミニパティの新曲『ジャカパラ Goo Goo ♡ オムライス』をアピール。黒澤は『目指せ!スーパーレディー - 2015年度-』で自分の名前が歌詞になった感動を味わってほしいと嬉しそうに語った。山出はBlu-rayに収録されたMVについて。『マセマティカ!』ではまだ馴染めたいない転入生たちが、『キラメキの雫(カケラ)』では慣れて表情もユルくなってるのを見比べてと、爆笑を誘った。

 本編最後は、初披露となる新曲『約束の未来』。未来へ向け、果てしない道を進んでいこうと歌う前向きな歌詞がアップテンポな曲に乗った、さくら学院らしい楽曲だ。曲後半ではフラッグを使うが、スピード感があり複雑で、父兄たちはコピーするのに苦労させられそうだ(笑)。曲が終わり、拍手の中横一列に並んだ11人の生徒たち。どの顔にも美しい汗が光っている。

 アンコールを求める拍手の中、いつものように購買部のふたり、白井と吉田が元気よく登場する。白井は「やっとお年玉の使いどころがやってきましたよ!」と笑わせる。今回のオススメグッズのビニールバッグを吉田が可愛く紹介すると、白井は、シワになっちゃうので4、5枚買った方がいいとアピールした。そして残りのメンバーもステージ上に登場し、MCが始まる。お題は新曲『約束の未来』のおすすめポイントについて。吉田は冒頭で皆が順番に手を上げるところが、皆で虹を作っているみたいで大好き、と語って拍手をもらう。藤平は、中3の3人に皆で旗を向けるところが、心が一つになったみたいで好きと、ハキハキと答えた。

 アンコール1曲目はニューアルバムのタイトル曲である『キラメキの雫(カケラ)』。12月の5周年ライブでお披露目された新曲だが、その後も新体操の公開授業やLoGiRLでも流されてすっかりお馴染みになった感がある。上手くいかないことや、困難なことがあってもめげずに前に進もうと歌う前向きな歌詞にパワーがみなぎってくる。

 岡田が「大切な友だちのことを思って歌います」と紹介した昼公演最後の曲は『FRIENDS』だ。手拍子とかけ声に包まれ、11人が友情ソングを紡ぎ上げていく。ペアになって色々なお遊びの振り付けをするが、本日は11人ということでひとり余ってしまう。麻生と組むはずだった日髙はひとりでパフォーマンスするが、どことなく寂しそうな表情が印象的だ。11人と麻生にとっては思いがけない試練ではあったが、この経験もきっと血となり肉となるはず。残された卒業式までの数少なくなったライブの舞台で、今日の経験はきっと生きてくるだろう。

 会場出口でバレンタインのサプライズプレゼントであるメンバー12人の集合写真をもらいながら外に出る。開演前と打って変わり、涼しい空気がライブで火照った身を包む。2時間少し後に行われる夜公演はどんなものになるのだろうか?


卒業に向けて“未完成&rdquo:から“完成&rdquo:を目指す さくら学院2/13ライブ夜公演レポート

さくら学院『さくら学院 2014年度 ~君に届け~』

セットリスト                                             

01 FLY AWAY
02 Hana*Hana
03 School days
04 ベリシュビッッ
05 Song for smiling
06 My Graduation Toss
07 Magic Melody
08 未完成シルエット
09 ハートの地球
10 約束の未来
アンコール
11 キラメキの雫
12 FRIENDS

 
竹崎清彦 アイドル、ファッション、スポーツ、ゲーム攻略本など幅広く執筆。趣味はライヴ観戦。好きなアーティストを追いかけ世界中どこへでも行きます! 80年代モノに詳しい。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事