FOLLOW US

UPDATE|2020/05/28

“メンバー全員15歳”さくら学院から新たな4人組ユニットがデビュー

『さくら学院 藤平華乃・吉田爽葉香・有友緒心・森萌々穂 2019年度 卒業』(徳間書店)

“成長期限定ユニット”さくら学院から派生した4人組ガールズグループ「@onefive(ワンファイブ)」が6月24日に「まだ見ぬ世界」でCDデビューすると、5月27日付けのスポーツ各紙が報じている。

「@onefiveはBABYMETALや女優・三吉彩花や松井愛莉を輩出した“成長期限定ユニット”さくら学院から派生したグループ。昨年10月に行われた『さくら学院祭☆2019』でお披露目され、その後はSNSを中心に情報発信していました。メンバーは当時、さくら学院の最上級生である中学3年生だったKANO(藤平華乃)、SOYO(吉田爽葉香)、GUMI(有友緒心)、MOMO(森萌々穂)の4人。グループ名はメンバー全員15歳であるということから付けられたということです」(アイドル誌ライター)

デビュー曲はメンバーと同じ15歳の新人シンガーソングライター・YURAが担当した“同世代の応援歌”。KANOは「新しい出発をする私たちの未来に向けた溢れる想いが伝わるとうれしい」と語った。

なお、彼女たちの公式YouTubeチャンネルでは、外出自粛期間中にそれぞれの自宅で撮影された、デビュー曲のサビダンス動画も先行公開されている。

「本来なら今年3月、義務教育修了と同時に4人はさくら学院を卒業し@onefiveの活動に専念すると思われていましたが、新型コロナウイルス禍のためさくら学院卒業式は延期され、高校1年生になった現在もさくら学院内に在籍したままの形になっています。大規模音楽イベントがいつからできるようになるのか未知数なため、卒業式が今後行えるのかどうかも未発表の状態。4人がどのような形でさくら学院での活動に区切りをつけるのかわかりませんが、社会全体が前を向いて再スタートしようとしている時期のデビュー発表は、4人の明るい未来を示唆しているようにも感じますね」(前出・アイドル誌ライター)

GUMIは、「この4人で活動していくのが私の夢だった」と語り、「すべてのことを大切に全力で頑張っていきたい」と、デビューに向けての思いを語っている。

緊急事態宣言解除後の“まだ見ぬ世界”で4人がどのように輝くのか、期待したい。
AUTHOR

黒川 五郎


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事