FOLLOW US

UPDATE|2020/08/08

クロちゃん「今のSKE48は文句なしにおもしろい!」次世代ユニット「カミングフレーバー」のオンライン生演劇に感動

安田大サーカス クロちゃん



それにしても改めて気づかされたのは、僕ってアイドルを前にすると真正のメモリストになりますね。Zoomだとメンバーの部屋の様子もわかるんだけど、細かくチェックしちゃうんです。

たとえば西(満里奈)ちゃんの部屋にはクマのぬいぐるみが3つあって、それとは別にカエルのぬいぐるみも1つあった。そうすると、いろいろ考えちゃうじゃないですか。「20歳でぬいぐるみ? ちょっと子供っぽすぎる?」「でも、本当にぬいぐるみが好きなんだろうなぁ」「待てよ? “ぬいぐるみ好き”というイメージを持ってもらうために、演出として置いているだけかも?」「そういえば8期生のオーディションは最終で落ちたという話だったな。そういう失敗もあって、キャラ作りを徹底している?」とか……。妄想が激しすぎますかね(笑)。

そういえばトークショーのとき、みよまるに懇願されたんです。僕はツイッターのプロフィール欄に好きなグループを列挙しているんですけど、「そこにカミングフレーバーも入れてほしい」って。でもカミフレを新たに入れるためには、文字数の関係で別のグループを消さなきゃいけない。正直、これは悩みましたね。だけど、お願いしてきたときのみよまるの目に僕はバーニング・スピリットを見たんです。あれは断れないですよ。だーすーも「あの子はギラギラしていて面白い。今どき珍しいタイプだけど、私は好きだな」って評価していましたね。そういうところをきちんと見ているだーすーもさすがだなって感心しました。今のSKE48は文句なしに面白いです!

……とここまで熱く語ってきましたけど、そういえば僕がアドバイザーをしている豆柴の大群にも動きがありました。ファーストアルバム『スタート』がリリースされ、そこに僕が作詞した『ドンクサハッピー』も収録されているんです。今後は豆柴も方向性が少し変わっていくでしょうね。

彼女たちはバラエティ番組出身だから、どうしても今までは“仕掛け”みたいなものを求められてきた。だけど僕自身は、あまり前面に出たくはないんですよ。だってファンからしたら可愛いアイドルが見たいだけで、男が出てきたら萎えるじゃないですか。あくまでも僕は後方支援に徹したいんです。

とはいえ、最近はメンバーが前にも増して僕を頼ってくれないから困っています。何も教えてくれないから、発表されたことを見てビックリすることが多いんですよ。LINEニュースですべてを知る元プロデューサーってなんなんですかね!?

合わせて読む 豆柴の大群、TikTok公式アカウントを開設 TikTok 夏フェス 2020への出演も決定
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事