FOLLOW US

UPDATE|2020/10/05

NMB48白間美瑠が上田誠作品で再び主演!自信に満ちた演技で『第1話 シーズン2』大団円

アイドル番組定点観測 第85回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第85回となる今回の観測期間は9月28日(月)~10月4日(日)。

     *     *     *

NMB48がチョコレートプラネット&ヨーロッパ企画とタッグを組み、毎回ドラマの第1話だけを作る新感覚バラエティ『第1話 シーズン2』(朝日放送テレビ)が、10月4日(日)で最終回を迎えました。

トリを飾った作品は、劇団「ヨーロッパ企画」の主宰・上田誠氏(最近だとドラマ『浦安鉄筋家族』や映画『前田建設ファンタジー営業部』などの脚本を手掛けたほか、乃木坂46・鈴木絢音らが出演するはずだったがコロナ禍で中止となった幻の舞台『たけしの挑戦状 ビヨンド』の脚本・演出担当だったスゴい人)が監督、NMB48のエース・白間美瑠が主演のゴールデンコンビで制作された『連鎖(つな)がるっ!』。

このドラマはルーブ・ゴールド・バーグマシン(いわゆる“ピタゴラ装置”)に青春を捧げる高校生たちの姿を描いた“マイナー部活青春ドラマ”なのですが、見終わったチョコレートプラネット・松尾が溜息混じりに「本当に面白いッスね!」と絶賛するほどの出来栄え! 装置のギミックも面白ければ、そこに一喜一憂する生徒たちの人間味もリアルに描かれており、さらにその物語の中心で躍動する白間の演技も素晴らしかったです。

もっともこの2人によるタッグの作品はシーズン1(19年放送)でもあったものの、演技にはそれほど縁がなかったイメージの白間。しかし、NMB48でも最古参メンバーとしてグループを牽引し、また今年8月には初のソロコンサートも成功させるなど、ここ最近の彼女のパフォーマンスは自信に満ちあふれている印象があります。その自信が今作の演技にもつながったのか、役者としての堂々としたオーラを感じたんですよね(シーズン1のときも良かったけれど、さらにレベルアップしていた!)。本人がどういう将来像を描いているのかは分かりませんが、個人的には「女優」の道もアリだと思います!

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事