FOLLOW US

UPDATE|2020/10/26

『乃木坂工事中』白石麻衣、無事卒業へ、その愛すべき人柄を大園桃子の手紙から読み解く

アイドル番組定点観測 第88回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第88回となる今回の観測期間は10月19日(月)~10月25日(日)。

     *     *     *

3週に渡って『乃木坂工事中』(テレビ東京)で放送された白石麻衣卒業企画。最終週となった10月25日(日)は前週に引き続き「絆で乗り越えろ! 1期生全員成功するまで卒業できません」。一見簡単そうに見えるミッションにことごとく失敗していた1期メンバーは今回も苦戦を強いられましたが、7ゲーム目となる目隠し&鼻栓をして食材を味見しマヨネーズを当てる「どっちかマヨっちゃう」でようやく全員が成功し、無事に有終の美を飾りました。

そして強く印象に残ったのが、『乃木坂工事中』放送の合間に流れた白石卒業コンサートのCM。後輩・大園桃子が読み上げた手紙は熱い思いに満ちていて、大園が白石をいかに慕い憧れ愛していたかが強く伝わる1分間でした。また「白石さんに初めて会ったのは4年前の夏。こんなにもきれいなのに優しい顔で笑うんだな――最初にお会いしたときの感想です」という一節は白石の人柄を端的に、的確に表現しているように感じます。

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事