FOLLOW US

UPDATE|2020/12/05

寺本莉緒、中学生で上京して進んだ芸能界「初めの頃は毎日泣いていました」

寺本莉緒 撮影/松山勇樹

2017年に女優デビューし、2018年に行われた「ミスマガジン2018」では「ミスヤングマガジン」を受賞した寺本莉緒。11月16日〜21日まで一週間限定で公開された映画『別に、友達とかじゃない』では秋谷百音、植田雅と共に主演を務めた。インタビュー連載2回目となる今回は、自身の芸能界デビューのきかっけについて教えてくれた。(3回連載の2回目)

【写真】フレッシュな制服姿の寺本莉緒・撮り下ろしショット

──中学3年生の途中でお仕事のために上京したそうですが、いつ頃から芸能界に入ろうと思ったんですか?

寺本 広島ではキッズモデルをやっていた時期もあったんですけど、昔から人前に出て何かするのが好きで、「私は有名になりたい!」と思って、どこの事務所でオーディションをしているんだと探し出したのは中学生になってからです。中1のときに事務所に応募して、中2のときにオーディションを受けて、中3で上京しました。最初は親に言わずに応募して、2次審査、3次審査と進んでいくうちに、自分だけでは上京できない年齢なので、お母さんに話して連れて行ってもらいました。

──「女優さんになりたい!」みたいな明確な目標はあったんですか?

寺本 最初はテレビに出たい一心でした。なので、何でも挑戦したい精神だったんですけど、いろんなお仕事をやらせていただく機会も増えて、お芝居がすごく楽しいなと思うようになりました。これからも、女優さんのお仕事を中心に、いろんなお仕事を全力でやっていきたいです。

──芸能界で憧れの存在はいたんですか?

寺本 テレビに出たいと単純に考えていたときは特にいなかったんですけど、演技のお仕事に興味を持つにようになってから、蒼井優さんの演技が魅力的だなと感じて、こんな女優さんになりたいなと思いました。

──中学を卒業する前に上京するって、なかなかできない決断ですよね。

寺本 両親からも「中学校卒業してから上京したら」と言われていたんですけど、今がチャンスだと思って、勢いとノリで出てきちゃいました(笑)。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事