FOLLOW US

UPDATE|2021/01/16

BiSH セントチヒロ・チッチが語るオーディション「嫌われようが、言いたいことは全部言って帰ろうと決めていた」

セントチヒロ・チッチ 撮影/武田敏将

BiSH、BiS、豆柴の大群など7つの女性グループを擁する音楽事務所WACK。そのWACKが年に一度開催している合宿オーディションを追った映画『らいか ろりん すとん -IDOL AUDiTiON-』が1月15日に公開された。「絶対にアイドルになりたい」その夢を叶えるため、もがき、苦しみ、肉体と精神の限界を超えた少女たちの壮絶な一週間に肉薄したドキュメンタリー……自らも指導役として合宿に参加したBiSHのセントチヒロ・チッチにオーディションの裏側を聞いた。(3回連載の1回目)

【写真】限界を超える少女たち…『らいか ろりん すとん』場面カット【13点】

     *     *     *

――WACK恒例のアイドルオーディション合宿を追ったドキュメンタリー映画『らいか ろりん すとん』で、チッチさんは主人公の一人でもあったと思いますが、そういうことを撮影中に意識はしましたか?

チッチ 一人ひとりの女の子たちのストーリーがある中で、映画としては、ああいう風に切り取られていますけど、自然とドラマが生まれていったので、撮影中に意識をすることはなかったです。決して作られたものではなくて、ありのままの姿ですね。

――どういう気持ちで合宿に臨みましたか?

チッチ 候補生たちを無理に導くのではなくて、少しだけ道を提案してあげる存在でいられたらいいなと思って参加しました。

――過去のインタビューでチッチさんは「熱量を表に出すのが苦手で、言葉にして愛を伝えることがなかなかできない」と仰っていましたが、今回のオーディションでは候補生たちに寄り添って熱い言葉をかけていた印象を受けました。時には厳しい言葉をかける場面もありましたが、どういう気持ちで候補生と接していたのでしょうか。

チッチ 今回、BiSHから行くメンバーが私一人だったので、行くと決まったからには意味のある時間にしたかったんです。私の中の目標は、ちゃんと候補生一人ひとりと向かい合うことで、できないことや苦手なことから逃げないで向き合う姿勢を教えたいということでした。だから、嫌われようが怖がられようが関係なく、その子に思ったことや言いたいことは全部言って帰ろうと自分の中で決めていました。
AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事