FOLLOW US

UPDATE|2021/06/16

木村拓哉が海外制作ドラマに初参加、全編英語&イタリアでの撮影「頂いた役柄を大切に演じたい」

海外制作ドラマ『THE SWARM(原題)』に参加する木村拓哉

木村拓哉が2022年世界同時放送&配信予定のドラマ『THE SWARM(原題)』で、海外制作ドラマに初めて参加する。

『THE SWARM(原題)』は、世界のテレビ史に残る大ヒットをとばしたHBO製作ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の主要プロデューサーのひとりで、数々のエミー賞受賞歴を誇るフランク・ドルジャーが製作総指揮を務める超大型国際ドラマ。欧州各国の主要放送局が参画し、日本からはオンライン動画配信サービスHulu Japanが参画する。

今回、各国から選りすぐられたキャストが発表され、日本人キャストとして、木村拓哉の出演が発表された。

物語は、世界各地を舞台にした海洋SFサスペンス超大作。深海に生息する未確認知的生物の群れに直面する“人類の闘い”を描く。木村は、人類の危機に立ち向かう科学者グループのひとつを組成し海洋問題に取り組む“ミフネ財団”の創設者で、自らそのチームを指揮するアイト・ミフネを演じる。

製作総指揮フランク・ドルジャーが「『ゲーム・オブ・スローンズ』と同様に、この『THE SWARM(原題)』においては、全体の調和が本質的に重要であり、キャラクターたちに生命を吹き込んでくれるオリジナリティー溢れる魅力的な俳優達の布陣が成功の鍵であると常にイメージしていました。木村さんに演じてもらう役は、強く権威ある雰囲気と際立った知性を同時に表現できることが求められますが、彼の作品を拝見しこのキャラクターを演じるのにまさしくうってつけと確信しました」と熱烈オファーし、木村の本作への出演が実現したという。

出演発表にあたり、木村は「『ゲーム・オブ・スローンズ』は大好きな作品でしたので、そのチームからのオファーがあった際は、素直に嬉しい気持ちでした。原作の世界観の完成度が高く、この世界観の中に自分が参加できる事を大変嬉しく思います。どんな役であれ、頂いた役柄を大切に演じたいと思っています。また、日本だけでなく、世界がまだこのような時世ですので、細心の注意を払って現場に赴きたいと思っております」とコメントを寄せた。

撮影は2021年6月から9月を予定しており、2022年に世界同時放送&配信開始。日本ではHuluで独占配信予定だ。

【あわせて読む】木村拓哉が『アエラスタイルマガジン春号』に語ったこだわりと仕事観

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事