FOLLOW US

UPDATE|2019/04/04

「高橋みなみ卒業コンサートがすべての始まりだった」HKT48 渡部愛加里

渡部愛加里

指原莉乃が参加する最後のHKT48のシングル『意志』が4月10日に発売される。そのシングルで初選抜されたのが、チームH公演でセンターを務めるなど、次世代エースとして期待されているドラフト3期生の渡部愛加里だ。HKT48に入る前から生粋のAKB48ファンだった渡部に、アイドルを目指したきっかけと、指原莉乃との思い出を聞いた。


──現在、チームHの「RESET」公演で渡部さんはセンターを務めています。

渡部 もともと「RESET」公演が大好きで、いつか出てみたいなって思っていたんです! そのセンターに立てるなんて思ってもいなかったので(当初は矢吹奈子がそのポジションに立っていた)、最初はびっくりして「私でいいのかな?」と不安に思ったんですけど、それよりも「よしっ、やってやろう!」って気持ちの方が強かったです。

──まもなく卒業する指原さんとも公演で一緒になることができました。

渡部 公演の初日のときに「さっしーさんと一緒にできるのは、これが最後なのかな」って思っていたんですけど、そのあとも一緒に出演することができたんです。1回1回、すごく楽しいし、とにかく後悔しないようにしています。

──まだキャリア1年なのに、ものすごくしっかりしていますよね。公演を観ていても、舞台度胸があるな、と感じました。

渡部 ありがとうございます(笑)。「物怖じしないね」とも言われるんですけど、自分ではそうなのかなぁ~って。とにかく私は「楽しいが一番!」だと思っているんです。自分が楽しいと思っていなかったら、きっと観に来てくださる方も楽しめないだろうし、何ごとがあっても常に笑っていられるように心がけています。それが周りから見ると「何にも考えてないね」って思われちゃうこともあるかもしれませんけど(笑)。

──今回の新曲『意志』では、初めて選抜入りしました。指原さんの卒業だけでなく、宮脇咲良さんと矢吹奈子さんが一時、HKT48を離れたタイミングということもあり、渡部さんには「次世代エース」として期待の声もかかっています。

渡部 初めの頃はそう言われても自信がなかったですし、たくさん悩んだ時期もあったんですけど、そうやって言ってくださっているうちに、だんだんうれしくなってきて「もっともっと言ってもらえるように頑張ろう!」って思えるようになりました。それからは深く考えこむこともなくなりました。これは私のチャームポイントでもあるんですけど、とにかくポジティブに! あと公演のときに、さっしーさんからパフォーマンスを褒めていただけたことがあって、それも私の中では大きな自信につながりました。

──アイドルとしては大事なことだと思います。ちなみに「RESET」公演が好きだった、という話が先程出ましたけど、小さい頃からAKB48グループのファンだったんですか?

渡部 はい。最初はNot yetさんを好きになったんです。小さい頃、よみうりランドのプールに遊びに行ったら、たまたまNot yetさんが『波乗りかき氷』のイベントをやっていて、それを観たのがきっかけです。そこからAKB48さんが好きになっていったんですけど、あの日、プールに行っていなかったら、今の私はいないかもしれません。

──そのNot yetのメンバーだった指原さんと同じステージに立っているんですから、人生って面白いですね。それは小学生のときですか?

渡部 いえ、まだ年中のときです。

──4歳とか5歳ですか! 私もアイドルになりたい、と思ったのはいつ頃ですか?

渡部 小学1年生のときにアイドルのアニメをやっていたりして、そのときから憧れてはいたんですけど、やっぱり違うかなぁ~ってモヤモヤしていた時期がしばらく続いていたんですよ。でも、小5のときに横浜スタジアムで初めてAKB48さんのコンサートを観たときに「やっぱり私が目指すところはここだ!」って。まだ年齢的に応募はできなかったんですけど、そこで気持ちは固まりました。

CREDIT

取材・文/小島和宏 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事