FOLLOW US

UPDATE|2019/07/07

AKB48台湾出身・馬嘉伶 空前のタピオカブームを語る「次にくるのはタピオカを使った○○」

PHOTOGRAPER/SHOGO TAKEBAYASHI(BARK in STYLe)

世は空前のタピオカブームである。原宿・表参道など若者が集まる街ではタピオカドリンク店の前に行列ができ、新宿や池袋などにも続々と新店舗が出店している。ブームの中心はアイスミルクティにタピオカを入れたタピオカミルクティ。その発祥の地と言われるのが台湾だ。では、台湾の人は日本のタピオカブームをどう見ているのか。台湾から留学生として2016年に日本にやってきた馬嘉伶(まちゃりん)に、タピオカブームから日台の違いまで話を聞いた。



──SNSを拝見ましたけど、最近台湾に里帰りされたとか。

馬 AKB48に入ってから初めての里帰りでした。

──3年ぶりの里帰りとお聞きしましたが、その間、台湾に帰りたいと思ったことは?

馬 なかったです。日本では忙しくて、けっこうプレッシャーもあったので、ホームシックになる暇がなくて。逆に実家に帰るのが怖くなっちゃったんです。成功していない状態で帰ることができなくなっていました。

──ご両親から帰ってこいとは言われたりは?

馬 めちゃくちゃ言われます(笑)。2日ぐらい休みがあると、「休みがあるなら帰ってきなさい」と言われます。でも私は結果も出していない状態で帰ることができなかったので、仕事が忙しいって言って断っていました(笑)。

──日本に来て3年目ですが、新しい発見はありますか?

馬 この前、台湾に帰って気づいたんですけど、日本はけっこう乾燥していますよね。

──乾燥?

馬 台湾は日本よりも湿度が高いんです。だから普段は化粧水を塗らなくても平気というか(笑)。

──日本も梅雨に入ると、かなり湿度が高くなるかと。

馬 たしかに。台湾の梅雨は雨の量がすごいんです。台風も怖いです。

──なるほど(笑)。ご両親の元を離れて3年、料理が得意になったりは?

馬 私、さみしがり屋なので、ひとりで外食はしないんです。いつもスーパーで食材を買って、家で作っています。

──得意料理は?

馬 お菓子作りが好きですが、ご飯だったらオムライス。ある時期、一生懸命練習しました。最近は作っていないですけど(笑)。

──日本でハマった食べ物は?

馬 塩まんじゅうです。白くて丸いものを買ってみたら塩まんじゅうだったんです。これがすごく美味しくて。

──ちなみに今、日本では空前のタピオカブームが起きていますが、台湾の人はどう見ているんですか?

馬 タピオカは台湾ではすごく有名なものなんですけど、私にとっては小さな頃からあったものですからね。メンバーもすごくタピオカが好きみたいで「タピオカ、飲みにいこう」って誘ってくれたりします。1回、メンバーと一緒にタピオカを飲みにいったんです。20分電車に乗って、40分お店に並んで、20分電車に乗って帰ったんですね。それを台湾の友達に話したら「台湾じゃ考えられない!」って言われて(笑)。台湾の人にとって、タピオカは普通にあるものですよ。それに並ぶとかありえないですから(笑)。しかもタピオカのために電車に乗っていくわけですから。友達が驚くのもわかります(笑)。メンバーにタピオカの話をされると、いつも自慢しちゃうんですよ。自分が作ったわけじゃないのに(笑)。タピオカは台中出身なので、私、タピオカと出身が一緒なんです!

──味はどうなんですか?

馬 私はやっぱり台湾の方が美味しいと思います。

──何が違うんですか?

馬 まずタピオカが違います。もっとモチモチしていて、食感と味も違うんですよね。

──なるほどー!

馬 姉と友達に聞いたんですけど、最近の台湾人はタピオカミルクティーを飲んでいないそうなんですよ。

──えっ?

馬 その代わり、タピオカプリン、タピオカドーナツ、タピオカエッグタルトとかが人気みたいで。この前、台湾に帰ったときはタピオカピザを食べました。それがめっちゃ美味しかったです。

──すごいラインナップ(笑)。これから日本にもタピオカを使った料理が入ってきそう。

馬 入ってくるかもしれませんね。私自身、タピオカがブームになって、台湾のことを知っていただく機会が増えてうれしいんです。言葉が通じなくても台湾には旅行いけますし。台湾の人はすごく優しいので、ぜひみなさん、台湾に遊びにいってほしいです。

──最近、覚えた日本語はありますか?

馬 タピオカを飲みたいときに言う「タピりたい」。これはすごいなって思いました。タピオカを飲みたいだけなのに「タピりたい」って。すごいなって思って、初めて聞いたときは衝撃を受けました。

──日本に来る前と、日本に来てからイメージは変わりましたか?

馬 ひとつ言いたいことがあります! 日本人の今度はないんです!

──と言いますと?

馬 「今度ご飯行こーねー」「今度遊びましょーねー」はないんです。最初、そう言われて楽しみにしていたのになくてさみしかったんですよ。でも今は慣れました(笑)。

──今度って言われたら行くと思いますよね?

馬 そうです。

──メンバーでもいます?

馬 たまーに(笑)。みなさん、忙しいですからね。

──ちなみに馬嘉伶さんは誰とご飯行くことが多いんですか?

馬 チームBの樋渡結依ちゃんとはよく行きますね。プライベートでもよく会っていますし。ちなみに明日も会うんですよー(笑)。

──それは仲がいいですねー。何を食べにいくんですか?

馬 サラダとか。ひーわたん(樋渡結依)はサラダが大好きなんですよー。

──もちろんタピオカも?

馬 あっ! ひーわたんとはないです。今度行きます!

──さて、話は変わりますが握手会が8月までお休みしていますが、そのことについてはどう思います?

馬 握手会がないと、めちゃくちゃさみしいんですよ。ファンの方と会話したいんです。だから今はSNSを毎日更新しているし、ファンの方もコメントを残してくれています。あと毎日SHOWROOMもやっているので、直接話すことはできないですが、毎日ファンの方との交流はできています。

──SNSやSHOWROOMは毎日更新しようって思っているんですか?

馬 そうですね。私もファンの方のことが大好きなんです。私はファンのことを“あずき”と呼んでいるんですけど、もっと知ってもらいたいし、あずきのことももっと知りたいんです。

──あずき?

馬 私の名前はマチャリンじゃないですか。マッチャにとって、あずきは欠かせないじゃないですか。私にとってファンの方は欠かせない存在だから、ファンのことをあずきと呼んでいます。ファンの方も自分たちのことをあずきって呼んでいます。

──ではファンの間では有名な話なんですね。

馬 そうです。あずきたち同士もめちゃくちゃ仲がよくて。握手会のとき、地方のあずきがお土産を買ってきて他のあずきに配ったり。あずきたちはみんなで一緒にご飯にいったりしてるんです。あずきの1粒1粒が仲が良いのがうれしいです。

──1人ではなく1粒なんですね。

馬 そうですね。あずきですから1粒です。

──さて、最後に馬嘉伶さんが今後AKB48にとって、どんなメンバーになっていきたいかお聞きしたいのですが。

馬 この前、台湾に帰ったときにAKB48のことを知っている人はそこまで多くないし、AKB48の名前は知っていてもメンバーは知らなくて、もっと台湾の人に知ってもらいたい。それはすごく悔しかったです。

──どうしたらいいと思いますか?

馬 今自分ができることはSNSで広めていくことだと思っています。あといつか台湾でライブをしたいです! ライブをしたら絶対に楽しんでもらえると思うんですよね。

▽馬嘉伶(まちゃりん)
1996年12月21日生まれ、台湾出身。AKB48チーム4所属。中学生の頃よりAKB48のファンになる。2015年に開催された「AKB48台湾オーディション」に合格。2016年より日本で生活を始める。2018年AKB48 51thシングル『ジャーバージャー』で表題曲初選抜。
Twitter @macyacyarin
Instagram macyacyarin

▽AKB48が台湾でのコンサートを開催!
AKB48 in Taipei 2019〜Are You Ready For It?〜
開催日:2019年10月19日
場所:台北アリーナ

▽7月7日(日)より約4年ぶりの「AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~」スタート


▽DVD&BD『AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100 2019』絶賛発売中!

▽DVD&BD『AKB48チームコンサート in 東京ドームシティホール』(2019年夏発売)

OVERTURE
▽表紙は佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)
佐藤美波も誌面に登場!
『OVERTURE』019号 発売中
発行:徳間書店
定価:1,000円(税別)
CREDIT

取材・文/林将勝

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事