FOLLOW US

UPDATE|2019/11/04

AKB48の次代を担う、15歳の新名物コンビ“まなくる”「もしも魔法が使えたら、身長を伸ばしたい!」

左から鈴木くるみ、田口愛佳 撮影/佐賀章広

AKB48の歴史にはまゆゆきりん(渡辺麻友&柏木由紀)や、あつみな(前田敦子&高橋みなみ)など、数多くの名コンビが誕生してきた。そして2019年の今、AKB48の次世代を担うとして注目を集めているのがともに15歳の田口愛佳と鈴木くるみの“まなくる”コンビだ。2人のことをもっとよく知るためにコンビ名「ま」「な」「く」「る」にまつわる4つの質問に応えてもらった。


     *     *     *

◆まずはまなくるの「ま」から。ま=魔法として、もしも魔法が使えたら?

2人の答えはそろって「身長を伸ばしたい!」現在は田口愛佳が154センチ、鈴木くるみは153センチ。加入して3年でくるみはかなり身長が伸びたそう。一方で田口は「1センチぐらいしか伸びてない(泣)」。結果としてほぼ同じ身長に。田口の理想の身長は161センチ。「女性として一番いいなって、前田敦子さんも161センチなんです」。鈴木の理想も「160センチか162センチ」。ちなみに同じチームAにはドラフト2期生の西川怜と千葉恵里の“西川恵里”というコンビがおり、どちらも身長160センチ以上。田口いわく「スタイルがよくてモデルです、みたいな。でも私たちとは種類が違うので」。チーム内でバトルの勃発か!?

◆続いてまなくるの「な」。な=泣くとして、最近泣いたことは?

9月2日は鈴木の15歳の誕生日。田口と、同期の前田彩佳、山根涼羽で前日の夜にサプライズで誕生会を計画。LINEグループで「お泊り会しない?」と提案するも、なぜか既読無視。「もともと既読無視が多いんですよ」と鈴木は弁解。改めて本人と会ったタイミングで「お泊り会はいいから、ご飯食べない?」と再度誘うも、「ごめんね」とあっさり断られ、「心の中で泣きました」と田口。鈴木は「その前の日が福岡のツアーで、東京へ戻ってそのまま劇場公演。次の日は学校だから、疲れちゃうなと思って」と語った。しかしその日鈴木は家族と外食していたことが判明。そして誕生日当日は「好きなことをしたくて」と、ずっと家で寝ていたらしい。

◆続いてまなくるの「く」。く=食うとして、好きな食べ物は?

鈴木の好きな食べ物はラーメンとチーズ。いつも祖母に連れて行ってもらうお気に入りの醤油ラーメンの店があるという。「子供の頃は少食だったんですけど、そこのラーメンだけは完食でした」。今はコーンとチーズをトッピングした味噌ラーメンにハマっているらしい。チーズは気づいたら好きになっていたそうで「スーパーに行ったら必ずチーズ売り場を見ます。好きなのはカマンベールチーズ」と語る。田口が好きなのは鍋で「夏でも週1回は食べます。さっぱり系のスープなら永遠に食べられる」。最近は辛い鍋にもハマっているらしい。鈴木もチーズが好きらしいのだが、「チーズドッグの最初のひと口が最高なんです! でも途中で飽きて他のコにあげます」。

◆最後はまなくるの「る」。る=ルンルンとして、最近テンションが上がったことは?

性格がまったく違う2人。くるみは「テンションが上がりやすいです。でも愛佳ちゃんはあんまり変わらない」。ただ16期生が集まった時は別らしい。「16期あるあるなんですけど、昼夜2回公演の日は、夜公演が終わっても元気が余ってるみたいで、誰かが歌い出すんですよ。するとみんなで大合唱が始まる」と田口も一緒に歌っているらしいことを告白。「みんなちょっとおかしいんですよ(笑)、もう1公演やる余裕はないけど、でもまだ騒ぎ足りないみたいな」と、鈴木がその理由を推測する。さすが1番フレッシュな世代だ。「でも、もう無理かもしれないです。来年でハタチになるメンバーも多くて」。16期も落ち着いてしまうのか?

(「OVERTURE」020号掲載 取材・文/関根弘康)


▽田口愛佳(たぐち・まなか)
2003年12月12日生まれ、神奈川県出身。チームA所属。ニックネームは「まなか」。2016年に16期生としてAKB48に加入。2017年に正規メンバーに昇格。

▽鈴木くるみ(すずき・くるみ)
2004年9月2日生まれ、東京都出身。チームA所属。ニックネームは「くるるん」。2016年に16期生としてAKB48に加入。2017年に正規メンバーに昇格。
CREDIT

取材・文/関根弘康 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事