FOLLOW US

UPDATE|2019/10/28

NGT48本間日陽『仁義なき戦い』を語る「楽しくて普段から広島弁を話しています」

本間日陽 撮影/佐賀章広

実録映画の金字塔『仁義なき戦い』がAKB48グループによって舞台化される。11月9日(土)から24日(日)まで博多座で上演される舞台で、映画で矢野修司役を務めるのがNGT48本間日陽だ。本間に『仁義なき戦い』への思いを聞いた。


──映画『仁義なき戦い』の存在は知っていましたか?

本間 聞いたことがあった程度で観たことはなかったです。両親も観たことがなかったんですけど大体の内容は知っていたみたいで、舞台の話を聞いてビックリしてました。

──実際に映画『仁義なき戦い』を観た感想は?

本間 最初は、さっきまで仲が良かった人たちが対立しているので、「どうして?」って思いながら観てました。何度も観ていくうちに、それぞれの立場や気持ちの理解も深まっていきました。それと同時に、これを私がやるのかってワクワクと不安を感じました。

──本間さんは矢野修司を演じますが、自分と共通する部分ってありますか?

本間 矢野の登場シーンは無邪気さがあって、ちょっと自分に似ているのかなと。ただ年月を重ねて偉くなっていくに従って風格が出てきて、結末では全く違うキャラクターになっているんですよね。その変化を舞台でどうやって表現すればいいのか考えながら稽古しています。

──自分の役柄以外で惹かれたキャラクターは?

本間 広能昌三は魅力的なキャラクターですね。当時、この映画を観て憧れている人が大勢いたのも納得でした。

──映画で特に印象に残っているシーンは?

本間 若杉寛が敵の腕を斬るシーンが衝撃的でした。今の日本映画で、あそこまでの表現はなかなかないし、歴史も感じられました。



CREDIT

取材・文/猪口貴裕 撮影/佐賀章広

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事