FOLLOW US

UPDATE|2020/06/28

アプガ(2)が4カ月ぶりの観客動員ライブを開催、感染症対策も万全

27日(土)に観客動員ライブを開催したアプガ(2)


鍛治島彩は、ギターを手にしてステージに登場。「私は自粛期間中みなさんに何かお届けできないかと思って『カジスティックライブ』という弾き語りの生配信ライブを行いました。

家から全部ひとりで行ったんですが、今日はこんなにたくさんの方が目の前にいます。こんなに早く生で『カジスティックライブ』をお届けすることができて、こうしてみなさんの笑顔が生で見れてうれしいです。そして、ステイホーム期間中もずっと私たちのことを応援してくださったことがほんとにうれしかったです。今日はこの気持ちを、私の歌声とギターでみなさんにお届けできたらと思います」と思いの丈をファンに伝える。そして彼女は、アプガ(2)のデビューシングルに収められた『Sun!×3』をギターの音色としっかりとしたボーカルで歌唱し、ファンへの感謝をしっかりと届けた。
アプガ2
続く吉川茉優は、アプガ(仮)・佐保明梨のソロ曲『Showtime』をかっこよくセクシーな歌とダンスでパフォーマンスし観客を魅了。高萩は、コロナの影響で卒業式が中止になったり縮小してしまった学生たちに向けたナンバー『エンドロール』を、エモさたっぷりに歌った。

続いては、メンバーを加入期しばりで分けたユニットでの楽曲披露。2期の中川、佐々木、3期の森永、島崎、新倉の5人は、ポップチューン『ハッピース▽LOVE』(※▽はハート)を歌唱し、かわいい雰囲気を届けていく。だが一転してヘヴィなロックチューン『ラッタンプイコ』をたたみ込むとヘドバンも見せる渾身のパフォーマンスで観客を圧倒した。

オリジナルメンバーである1期の高萩、吉川、鍛治島は、ミディアムチューン『どしゃぶりのテラス席』をしっとりと歌唱し、心地よい雰囲気で会場を包み込む。そして、デビュー曲の『二の足Dancing』を力いっぱい歌すると、会場のテンションも一気に盛り上がった。
アプガ2

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事