FOLLOW US

UPDATE|2020/07/23

STU48 の5thシングル『思い出せる恋をしよう』のMVが初解禁、ノスタルジックで甘酸っぱい作品に

STU48 5thシングル『思い出せる恋をしよう』MVより (C)STU/KING RECORD

9月2日に発売されるSTU48の5thシングル『思い出せる恋をしよう』のMVが7月23日に解禁された。

【写真】STU48 の5thシングル『思い出せる恋をしよう』のMV場面写真

『思い出せる恋をしよう』は、STU48の “1期生・ドラフト3期生”、そして昨年12月に初お披露目となった“2期研究生”がそれぞれ歌唱し、MVもそれぞれのver.を制作している。

今回、解禁されたMVは“1期生・ドラフト3期生”と“2期研究生”の2つのMVを合わせた“Mix ver.”となり、“1期生・ドラフト3期生歌唱ver.”、“2期研究生歌唱ver.”それぞれのMVは各CD付属のDVDに収録される。

MVでは、“1期生・ドラフト3期生歌唱ver.”は「現在」、“2期研究生歌唱ver.”は「過去」の世界を描いている。今回公開された“Mixver.”では時代は異なれど、同じ場所で同じ動きがシンクロしており、過去の青春の甘酸っぱい儚さを、現在の主人公に思い出させるような、どこか物憂げな表情を醸し出している。

ドラマシーンの舞台となったのは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている、広島県呉市豊町の江戸時代から昭和初期の町並みが今でも残る“御手洗町並み保存地区”。御手洗のノスタルジックな風景が作品にさらに深みを与えている。

それぞれのメインキャストは1期生・瀧野由美子、2期研究生・立仙百佳。瀧野はSTU48シングル5作連続の不動のセンター、立仙はAKB48チーム8の立仙愛理を姉に持つ高知県出身15歳、初センターである。

ダンスシーンは雨あがりの“呉港”をバックに可憐に踊る1期生とドラフト3期生、御手洗の“歴史の見える丘公園”にて初夏の太陽に照らされながら初々しく踊る2期研究生、それぞれの良さを見比べて楽しむことができる。

振り付けは、昨年「第61回 輝く!日本レコード大賞」にて日本レコード大賞に輝いた、Foorinの『パプリカ』などを手掛けた世界的ダンサーである辻本知彦がそれぞれのカラーを活かして制作している。

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事