FOLLOW US

UPDATE|2020/08/10

8月末でAKB48を卒業、川本紗矢ラストインタビュー「アイドルになれて本当によかった!」

AKB48 川本紗矢 (C)AKB48

8月31日をもってAKB48から卒業する川本紗矢(21)。川本といえば2013年11月に行なわれた、第1回AKB48グループドラフト会議において5チームから指名がかかった逸材。人より牛の数が多いという北海道の田舎で生まれ育ち、中学3年生より国民的アイドルグループで活動すること6年半。その思い出を語ってもらった。

【関連写真】当時17歳・川本紗矢の清純制服グラビアカットを特別掲載

――卒業について考え始めたのはいつぐらい?

川本 二十歳になってからですね。それまでがむしゃらに一生懸命活動してきたんですけど、二十歳を越えて今後について考えるようになり、そこで卒業というワードが浮かびました。最終的に卒業を決断したのは半年前です。

――周りの人には相談しました?

川本 マネージャーさんとか、ささいな悩みにも相談に乗ってくださる先輩の横山由依さんに相談しました。横山さんからは、辞めずにこういう選択肢もあるんじゃないと言っていただいたり。でも、卒業するってなったら応援するよと言ってもくださって。

――横山さんはいろんな人の卒業を見てきましたからね。卒業発表はAKB48公式YouTubeサブチャンネルの生配信番組内でやりましたが、あれはどういった経緯で?

川本 2月ぐらいに卒業発表をいつするかという話をして、本来は劇場公演でファンの方の前で発表したかったんですけど、新型コロナウィルスの感染拡大で公演ができなくなって、配信で発表することになりました。配信だとファンの方の反応が見られないので、どんな雰囲気になるのか不安だったんですけど、SNSでの反応を見ると「最後まで応援するね」とか、前向きな声が多かったのでよかったです。

AUTHOR

関根 弘康


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事