FOLLOW US

UPDATE|2021/04/09

さらば青春の光・森田哲矢に聞く“邪道YouTube論”「僕らはHIKAKINにはなれないですから」

撮影/西邑泰和

コロナ禍の影響もあり、ここ1年で多くの著名人が自身のチャンネルを立ち上げ、YouTubeに参入してきた。再生回数、登録者数だけを見てみると、成功しているチャンネルもあれば、テレビの知名度ほどには数字が伸びていないチャンネルもある。そんな中、尖った企画を連発し、再生回数を伸ばしているチャンネルがある。さらば青春の光の公式YouTubeチャンネルだ。

多くの著名人が郷に入っては郷に従えと、まずはYouTubeの定番、ルーティーン動画や地雷メイク動画にチャレンジする中、彼らは、「金塗り企画」(相方のバイクを金色に塗る)や「GPS企画」(相方のカバンにGPSを仕掛けて追跡する)などの企画で視聴者を獲得してきた。現在、チャンネル登録者数は35万3千人。公開する動画が100万再生を超えることも珍しくなくなった。

「テレビ」と「芸人」と「YouTube」、三者の関係性が大きく変わろうとしている今、自身のYouTubeチャンネルに企画出しから参加する、さらば青春の光・森田哲矢に話を聞いた。(前後編の後編)

【写真】300万再生突破、ドッキリで相方に金塗りにされた東ブクロのバイク

     *     *     *

――再生回数でいうとサムネイルの影響も大きいと思いますが、特にサムネイルが上手くいった動画は何でしょうか。

森田 キス(※『東ブクロとAマッソ村上が熱愛撮られたら100万円!!』)ですかね。U字工事さんに、「観ちゃったよ。サムネでキスしているから、そんなわけないだろうと思って観たら、本当にしてるんだもん。ドキドキしたよ」と言われました(笑)。

――Aマッソさんもそうですが、さらば青春の光のチャンネルには、ライスの関町さんや野呂佳代さん、ラランドの2人など、ゲストも登場します。ゲストの人選はどうしているんですか?

森田 単純に企画に合った人ですね。たとえばライス関町さんに関しては、もともとオモロいことは分かっていたんですけど、あまり世間には知られていない。ちょうど自粛期間中に関町さんがインスタライブをやっていて、よく『梨泰院クラス』の話をしていたんですよ。これはオモロくなりそうだなと思ってやったのが『【時間がない方必見】大人気!梨泰院クラスを10分で全話観れちゃいます!』です。

――怒りながらも生真面目に『梨泰院クラス』のあらすじを説明するのが最高でした。

森田 そうなんですよ。「ふざけんなよ!」という普通の言葉が、関町さんのトーンだとオモロなるのがいいんですよね。

――頻繁にゲスト企画をやらないのには理由があるんですか?

森田 どうしても、このゲストが必要ってとき以外はやらないですね。だんじり(※『五反田だんじり祭り開催!!サラシのだんじりギャルも登場!!』)も野呂(佳代)さんか、納言の幸で行きたいなと思って、幸がツモれたらテキ屋でもやってもらおうかなと考えていたんです。ただ幸がスケジュールの都合がつかなくて、野呂さんからはOKが出たので、ああいう形になりました。

――オファーの段階で、野呂さんには企画内容を伝えていたんですか?

森田 「とりあえず来てくれたらいいです」とだけ伝えました(笑)。野呂さんもよくドッキリの対象になる人じゃないですか。だから他にも温めている企画があります。

――芸人仲間からコラボしてほしいというオファーはありますか?

森田 けっこうありますね。ただ、相手のYouTubeチャンネルに出るのは全然いいんですけど、こっちに来てもらうからには、その人でオモロいことをせなあかんから、そこで企画が考えつかない限りはやりたくないんですよね。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事