FOLLOW US

UPDATE|2021/04/09

さらば青春の光・森田哲矢に聞くYouTubeをやる理由「本気で怒る人間ってオモロいじゃないですか(笑)」

撮影/西邑泰和

コロナ禍の影響もあり、ここ1年で多くの著名人が自身のチャンネルを立ち上げ、YouTubeに参入してきた。再生回数、登録者数だけを見てみると、成功しているチャンネルもあれば、テレビの知名度ほどには数字が伸びていないチャンネルもある。そんな中、尖った企画を連発し、再生回数を伸ばしているチャンネルがある。さらば青春の光の公式YouTubeチャンネルだ。

多くの著名人が郷に入っては郷に従えと、まずはYouTubeの定番、ルーティーン動画や地雷メイク動画にチャレンジする中、彼らは、「金塗り企画」(相方のバイクを金色に塗る)や「GPS企画」(相方のカバンにGPSを仕掛けて追跡する)などの企画で視聴者を獲得してきた。現在、チャンネル登録者数は35万3千人。公開する動画が100万再生を超えることも珍しくなくなった。

「テレビ」と「芸人」と「YouTube」、三者の関係性が大きく変わろうとしている今、自身のYouTubeチャンネルに企画出しから参加する、さらば青春の光・森田哲矢に話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】300万再生突破、ドッキリで相方に金塗りにされた東ブクロのバイク

     *     *      *

――公式YouTubeチャンネルの立ち上げは2018年10月。そもそも始めたきっかけから教えていただけますか?

森田 個人事務所なので、もともとは、事務所の家賃が払えるぐらいのお金になればいいなと思って始めて、最初はコントの動画だけ上げていたんです。その流れで単独ライブツアーの幕間で使ったVTR(※『相方のバイクを勝手に金ピカに塗ってみた』)を上げたら反響が良くて、こういう企画もやっていくかと撮りおろしの動画も撮り始めたんです。そしたら評判も良いし、楽しいので、週1ぐらいのペースで上げるようになりました。

――バイク金ピカの動画は現時点(※2021年3月)で316万再生回数を超えています。

森田 ほんまは続きがあって、もう一回金に塗っているんですよ。というのも、金にして1週間ぐらいでブクロがバイクを黒に塗り直したんです。その噂を聞いて、これはあかんなと。まだツアーが残っていたんですけど、ツアーのエンディングでこの話をするじゃないですか。黒に塗り直していたら嘘になるなと思って、千秋楽の朝にブクロの家に行って、ブクロが家を出たのを見計らって金に塗り直して、それを軽トラでライブ会場まで運んで、エンディングで出したんです。そこまでがセットだったんですよ。

――かなり手間のかかったドッキリだったんですね。お二人の動画は、いかにもYouTubeらしい定番企画や編集ではなく、テレビのバラエティに近い印象ですが、何か意識はしていますか。

森田 編集はテレビのディレクターをしている方にお願いしていますけど、完全にお任せなので、そこまで意識はしていないです。YouTubeの定番企画に関しては、自分らがやってオモロくなればいいんですけどね。たとえば、かまいたちさんは地がオモロいから、何をやってもオモロくなるんです。でも自分らは、そういうタイプじゃないから、変わった企画に力を入れたほうが、活きるんじゃないかなと思っています。

――森田さん以外に企画を考えている方はいるんですか?

森田 僕、作家、ディレクター、マネージャーの4人です。基本はYouTubeを撮る数日前に僕と作家で、ブクロを使って何かオモロそうなことはないか考えて、それを4人で詰めていきます。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事